ささのさ散々

自分がお嬢様JDなのかお嬢様DJなのか分からなくなってきた 妄想にとらわれる美しき女人の映画乱視ブログ!!

DVD

(感想)ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲

『ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲(ラプソディ)


ホワイトゴッド 

  • 監督 コルネル・ムンドルッツォ
  • 出演 ジョーフィア・プソッタ
  • 公開年 2014
  • 制作国 ハンガリー、ドイツ、スウェーデン

 

13歳のリリが新しくやって来た街では雑種犬に重税が掛かることになっていた。そのためにリリの父はリリが大切にしていた雑種犬ハーゲンを捨ててしまう。リリはハーゲンを必死で探すが、ハーゲンは人間に虐げられて行くことになる。そして犬たちによる逆襲が始まろうとしていた……

 

ネタバレありです。

 

頑張ってる映画 ★★★☆☆ (3/5)

 

この映画は何も情報もないまま、レンタルビデオ店にあったPOPの「犬達による人間への復讐劇」みたいな一文だけでレンタルしてしまった一本です。
個人的に古川日出男さんの『ベルカ、吠えないのか
?』という小説が大好きなので、この犬が怖そうな感じの設定にはビビッとくるものがありました。
ベルカ、吠えないのか 

見た感想としては、アラも多いけど見所もあった というような感じ。CGなしで どう撮影したのか気になるくらいの映像の頑張りは見えます。

 

この映画の評価できる所は「実写だと犬好きやら動物愛護団体に遠慮しちゃうんじゃ……」といった不安要素を ここまで やっちゃうんだ」と思わせてくれる点。グロ映画程の迫力はないけど、犬の強面を引き出せているのが凄い。

特にハーゲンが闘犬に仕立て上げられる場面実際に戦う場面が見物。その後 犬が反旗を翻した後の犬タックルは、改めて犬って人間より強いんだよなぁ と思わせてくれる(街の皆がパニックになり過ぎている感じはあったけれど)

 

ただ主人公サイドのストーリーは そんなに好きではなかったです。リリちゃんがハーゲンを探している場面が冗長な所と 大オチでリリちゃんが楽器を吹く→犬が全員おとなしくなって解決 という雑な落とし方が気に入らない。この大オチの場面でリリちゃんの父は火炎放射器を遠目に発射していましたが、これで犬と勝負できなかったのは残念(ここが限界か)

ただ個人的にリリちゃんのタンクトップ姿がドストライクだったのと、リリ父が娘の補導をきっかけに娘と再度向き合う場面は心にグッとくるものがあったかな。

 

だからこそリリ父が最後 火炎放射器で暴走する犬と闘かわないのが残念……(ならアクション映画を見ろって話ですが)

DVD版です。

ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲(ラプソディ) [DVD]
ジョーフィア・プショッタ
TCエンタテインメント
2016-07-06


おすすめ犬小説(犬が可愛いというより格好良い・怖い系)。
ベルカ、吠えないのか? (文春文庫)
古川 日出男
文藝春秋
2008-05-09

 

(感想)COP CAR コップ・カー-盗んだパトカーで走り出す

COP CAR コップ・カー』


コップ・カー

  • 監督 ジョン・ワッツ
  • 出演 ケヴィン・ベーコン
  •     ジェームズ・フリードソン=ジャクソン
  •     ヘイズ・ウェルフォード
  • 公開年 2015
  • 制作国 アメリカ

 

家出中の少年二人は荒野でパトカーを見つける。二人はそれに乗り、面白半分で運転を始める。そのパトカーに乗っていた保安官も盗難に気付き捜索を開始する。その保安官は とんでもない奴で……

 

ネタバレありです 
 

面白い ★★★★☆ (4/5)

 

想像していた作品とは違いましたが面白かったです。

ジョン・ワッツ監督だと前に『クラウン』を見ていて、今作も気になった次第。(レビューはこちら)

見る前はTHEサイコスリラーみたいな感じで、サイコパスのケヴィン・ベーコンが容赦の欠片もなく、悪ガキ二人を追い詰めていく映画だと思い込んでいたのですが、見てみると結構違ってケヴィン・ベーコンが思いのほか必死。パトカーが盗まれて全力で走ったり、どこの間抜けがパトカーを盗まれたんだ みたいに警察本部に向けてうそぶいたり、自分も車を盗難しようと靴ひもでイライラしながらドアロックを解除したり、見ていて焦ってる焦ってるーみたいな感じで、追い詰められていくのはケヴィン・ベーコンでしたよ(嫌いじゃなく むしろ面白い)。

 

あと子供もそこまで悪ガキだとも思わなかったです。開幕から青春映画みたいな良い雰囲気出してくるので、この映画での印象は 保安官にやられちまえー より 保安官から逃げてー これまた期待とは逆ながら これはこれでOKなんじゃないかと思ったり。

見る前は『ロボコップ2』に出てくるイヤーな悪ガキみたいなキャラを持って来ると考えていたので、悪ガキ感では肩透かしかなーとも思ったのですが、この映画は子役がパトカーを盗んで はしゃぎまくるので、こっちの方が子供らしさが見えて好きかも。

 

その後の展開について、ケヴィン・ベーコンベーコンが始末し損ねた男乱入ババアの三人が一気に倒れた時は、そのあっけなさから、監督前作『クラウン』の子供が残酷な目に遭うシーンは直接カメラに映さない爪の甘さと同じ部分を感じて、この監督は子供に甘くなっちゃうのかなー、とちょっと落胆したのですが、そこからの流れが凄く良かった。子供達のピンチと奮起、そしてベーコン復活からの緊迫感青春映画(ジュブナイル感)とスリラーが上手いこと絡み合ったラストだったと思います。

ブルーレイ版です。

COP CAR/コップ・カー [Blu-ray]
ケヴィン・ベーコン
Happinet(SB)(D)
2016-08-02


ジョン・ワッツ監督作品
クラウン [DVD]
アンディ・パワーズ
バップ
2015-07-03
 

(感想)スーサイド・スクワッド-本当の捨て駒は…

『スーサイド・スクワッド』


スーサイド・スクワッド

  • 監督 デヴィッド・エアー
  • 出演 ウィル・スミス
  •     マーゴット・ロビー
  •     ジャレッド・レト
  • 公開年 2016
  • 制作国 アメリカ


『バットマン vs スーパーマン』でスーパーマンが死んだ。政府は新たなる脅威に備え、刑務所に服役中の悪役(ヴィラン)で構成した特殊部隊<スーサイド・スクワッド>を結成させる。そしてアメリカでは魔女<エンチャントレス>が暴れ始め、捨て駒のスーサイド・スクワッドが解き放たれる……

 

ネタバレありです

 

個人的な評価 ★★☆☆☆ (2/5)

誰がヒーローだったのか…… 

 

とにかく評判が悪いもので見る機会を延ばしていた本作、これだけは面白いと言われる予告編を何度も見ているうちに、やっぱり本編も見たくなっちゃたので、期待値をかなり下げて視聴しました。まぁそれでも予告編の方が面白かったです。

 

全体的にテンポが悪いウィル・スミス前に出過ぎジャレッド・レト出番なさ過ぎ思っていたよりヒャッハーしていない、というのが残念な所。何か撮影の段階でゴタゴタがあったらしいですが、一人のキャラに割くバランスがおかしいように思えましたね。

妄想だけどウィル・スミスが俺が出るなら、こんくらい目立って、善人にしか見えなきゃ嫌だって文句付けたんじゃないかって、勘繰ってしまうレベル(そんなソースはありませんが)。正直そんなキャラ設定は他の映画でお腹いっぱい。

ささのさ的には元々デヴィッド・エアー監督作品はちょっと苦手で、『フューリー』でも積み重ねた展開が最後にB級映画のようなドンパチになるのが好きじゃなくて、『エンド・オブ・ウォッチ』でも最後のドンパチがやっぱり苦手だったりする。良く言えば映画の盛り上がり所だけど、それまでの作風からガラッと印象が変わるので そんなに好きじゃない。

ただこの映画では、それが良い方向に動いて、どこかで囚人達のタガが外れて派手にヒャッハーな感じで暴れまわってくれるんじゃないかと期待していたんですが、結局はみんな良い子ちゃんチームで終わったので残念。
何よりモブ兵士達が可哀そうで キャラ付けもされず、捨て駒の部隊に据えられてもなお、
任務を遂行するために奮闘して 死んでいく彼らの本当の捨て駒っぷりよ。

 

総評マーゴット・ロビー可愛い。どこでも見る まとめ方ですが確かな求心力です。
散った名もなきモブ兵士達に敬礼!!

ブルーレイ版です。

スーサイド・スクワッド ブルーレイ&amp;DVDセット(初回仕様/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]
ウィル・スミス
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2016-12-21


マーゴット・ロビーのエッチでもない入浴シーンが見られる映画(レビューはこちら


 

(感想)セトウツミ-会話? いいえ漫才です。

『セトウツミ』


セトウツミ
 

  • 監督 大森 立嗣
  • 出演 池松 壮亮
  •     菅田 将暉
  • 公開年 2016
  • 制作国 日本

 

クールでインテリ系の内海(池松 壮亮)とヤンチャ系の瀬戸(菅田 将暉)の二人の男子高校生。高校生活という青春の真っただ中の二人は、放課後 河原で駄弁って過ごしていた……

 

ネタバレありです

 

個人的な評価 ★★★☆☆ (3/5)

リアルな会話じゃなくて漫才なのね

 

公開当時はイケメン二人に会話させて、女の子にキャーキャー言わせる映画だと思って無視していたのですが、知り合いが面白いと薦めてくるので見てみました。

感想としては、わりと面白かったです。そこそこ笑えたので そこそこ良かった。

 

映画は男子高校生特有のリアルでグダグダな会話劇と思いきや、かなりの漫才調。大阪で生まれ育ったささのさ的には 2016年にしてはコテコテすぎる関西弁と例えツッコミばっかりする池松壮亮実際にこんな奴いるかなー と思ってしまい、少しテンションが下がる。
そりゃフィクションの中の関西圏は こんなイメージなんだろうけど。 

会話のネタ自体は共感できる面があるけど、会話の調子が邪魔しているというか。
セリフの間が悪いという訳でもないけど、原作漫画だと自分の間でセリフを消化できる一方、映画だと調子が強制されている分、台本ありきの漫才を見せられている気が強くなっている気がしたなー。

1時間15分ずっと会話の割りには、飽きずに見られた分もあるし、笑えなかった訳でもないので、悪くもなかった。映画よりドラマ向きだとは思ったけど。

ただヒロインにゲイかと疑われるシーン。あそこは要らなかったんじゃないかなー。露骨すぎるというか、狙いすぎているというか。
まぁ『まほろ駅前多田便利軒』の監督だから、狙っているのだろうけど。
原作だとどうなんだろうね

狙ったターゲットにはドストライクな一本。おすすめです。

アマゾンビデオ版です

セトウツミ
池松壮亮
2016-12-02


大森監督の過去作品。セトウツミの二人の関係性が好きならオススメかも。


 

(感想)チョコレートドーナツ-予告から感動させる気満々

『チョコレートドーナツ』


チョコレートドーナツ

  • 監督 トラヴィス・ファイン
  • 出演 アラン・カミング
  •     ギャレット・ディラハント
  •     アイザック・レイヴァ
  • 公開年 2012
  • 制作国 アメリカ

 

1970年代のアメリカ。ゲイバーで働く、踊り子のルディ(アラン・カミング)は育児放棄されたダウン症のマルコ(アイザック・レイヴァ)を保護する。ルディの恋人で弁護士のポール(ギャレット・ディラハント)と共にマルコを育てようとするが、ゲイカップルが親という偏見から世間はマルコと二人を引き離そうとする……

 

ネタバレありです

 

個人的な評価 ★★★★☆ (4/5)

そりゃ、感動するわな

 

予告から感動させる気 満々で気になっていた『チョコレートドーナツ』を見ました。

普通に感動はしましたよ。そりゃあ 泣ける設定テンコ盛りですもの。
 

自分的にこの映画は ルディの気高さを映画にしているなぁと思った。良くも悪くもだけれど。

だからこそルディ役のアラン・カミングが魅力的なのが良かったです。
ナヨッとしたロバート・ダウニー
Jrみたいな顔。歌に力がこもっているのも良かったなー。
調べたら『X-MEN2』のナイトクローラーの人らしい。映画冒頭のホワイトハウスで暴れまわるシーンが格好良かった記憶がある。 
ナイトクローラー
 

ただ主人公の描写に力を入れ過ぎて、他の役をおろそかにしていたかも。恋人のポールはマルコのことを どこまで思っていたのか、ダウン症の子を最後まで面倒みる覚悟がポールにあったのか、その部分が見えなかった。

ダウン症のマルコも愛嬌のある良い子 としか描かれてなかったような…… あまり手の掛かる子供でもなく、周りに順応しているし、ルディ達には法律の壁と世間の目くらいしか子育ての辛さもなく、キレイに描き過ぎではないかと思う。

 

そんなキレイに対して、3人の周りの悪意は汚さ過ぎる。母親もポールの元上司も とことん陰険で悪質。こっち側の言い分については何も描かれない。ただ悪役として登場して、ルディ達3人の株を上げるために出てきたみたいだった。

 

物語終盤「マルコが死にました」という手紙には驚いたし、容赦なく観客を突き放すなぁ と思った。だからこそ印象には残る。それでも 手紙を受け取った側が みんな感慨深げな顔して手紙を読んでいる画は、ほら やっぱりルディは正しかったでしょうみたいな 押しつけがましさが見えて嫌だった。

ただルディとポールの ちっぽけな幸せが ようやく手に入って、それから奪われたとすれば、まぁ 感動はするよね 結局あの3人がきれいすぎて、周りが悪人過ぎた。結果的にルディの気高さが前に出て、綺麗なのだけれども  どこか作り物っぽく感じた

 

大切な人が死んだら、そりゃ泣くだろうってそんな映画。とはいっても、役者もよかったし、評価できないわけではなくて。

ささのさ が捻くれているのでこんな感じになってしまいましたが、賞はいっぱい受賞している訳で、やっぱりおすすめです。

アマゾンビデオ版です。



アラン・カミングの出演作。印象がだいぶ違う。
X-MEN2 [Blu-ray]
ヒュー・ジャックマン
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2013-09-04


 

ギャラリー
  • (感想)俳優 亀岡拓次-恋愛パートをそっちのけでレビューした結果
  • (感想)俳優 亀岡拓次-恋愛パートをそっちのけでレビューした結果
  • (感想)俳優 亀岡拓次-恋愛パートをそっちのけでレビューした結果
  • (感想)俳優 亀岡拓次-恋愛パートをそっちのけでレビューした結果
  • (感想)俳優 亀岡拓次-恋愛パートをそっちのけでレビューした結果
  • (感想)俳優 亀岡拓次-恋愛パートをそっちのけでレビューした結果
  • (感想)俳優 亀岡拓次-恋愛パートをそっちのけでレビューした結果
  • (感想)俳優 亀岡拓次-恋愛パートをそっちのけでレビューした結果
  • (感想)俳優 亀岡拓次-恋愛パートをそっちのけでレビューした結果