ささのさ散々

自分がお嬢様JDなのかお嬢様DJなのか分からなくなってきた 妄想にとらわれる美しき女人の映画乱視ブログ!!

コメディー

(感想)セトウツミ-会話? いいえ漫才です。

『セトウツミ』


セトウツミ
 

  • 監督 大森 立嗣
  • 出演 池松 壮亮
  •     菅田 将暉
  • 公開年 2016
  • 制作国 日本

 

クールでインテリ系の内海(池松 壮亮)とヤンチャ系の瀬戸(菅田 将暉)の二人の男子高校生。高校生活という青春の真っただ中の二人は、放課後 河原で駄弁って過ごしていた……

 

ネタバレありです

 

個人的な評価 ★★★☆☆ (3/5)

リアルな会話じゃなくて漫才なのね

 

公開当時はイケメン二人に会話させて、女の子にキャーキャー言わせる映画だと思って無視していたのですが、知り合いが面白いと薦めてくるので見てみました。

感想としては、わりと面白かったです。そこそこ笑えたので そこそこ良かった。

 

映画は男子高校生特有のリアルでグダグダな会話劇と思いきや、かなりの漫才調。大阪で生まれ育ったささのさ的には 2016年にしてはコテコテすぎる関西弁と例えツッコミばっかりする池松壮亮実際にこんな奴いるかなー と思ってしまい、少しテンションが下がる。
そりゃフィクションの中の関西圏は こんなイメージなんだろうけど。 

会話のネタ自体は共感できる面があるけど、会話の調子が邪魔しているというか。
セリフの間が悪いという訳でもないけど、原作漫画だと自分の間でセリフを消化できる一方、映画だと調子が強制されている分、台本ありきの漫才を見せられている気が強くなっている気がしたなー。

1時間15分ずっと会話の割りには、飽きずに見られた分もあるし、笑えなかった訳でもないので、悪くもなかった。映画よりドラマ向きだとは思ったけど。

ただヒロインにゲイかと疑われるシーン。あそこは要らなかったんじゃないかなー。露骨すぎるというか、狙いすぎているというか。
まぁ『まほろ駅前多田便利軒』の監督だから、狙っているのだろうけど。
原作だとどうなんだろうね

狙ったターゲットにはドストライクな一本。おすすめです。

アマゾンビデオ版です

セトウツミ
池松壮亮
2016-12-02


大森監督の過去作品。セトウツミの二人の関係性が好きならオススメかも。


 

(感想)アイアン・スカイ-月面ナチス襲来

『アイアン・スカイ』

 
アイアン・スカイ

  • 監督 ティモ・ヴオレンソラ
  • 出演 ユリア・ディーツェ
  •     ゲッツ・オットー
  •     クリストファー・カービイ
  • 公開年 2012
  • 制作国 フィンランド・ドイツ・オーストラリア

 

次期アメリカ大統領のイメージ戦略のために月面に降り立った黒人ファッションモデル。何とそこでは地球から宇宙へ脱出したナチスたちが文明を築いていた。ナチスは今もなお侵略を進めようとしており、モデルから奪ったスマートフォンを破壊兵器に搭載させるためUFOで地球へ赴く。地球と月面ナチスとの戦争が始まろうとしていた……

 

ネタバレありです

 

個人的な評価 ★★★☆☆ (3/5)

おバカ系にどこまで期待するべきだったか……

 

ナチスが月で生きていたという設定のおバカ系コメディーです。

感想としては予告を見て期待し過ぎていたせいか、ちょっと期待はずれな部分もあったり……

というのも この映画よりも先に『帰ってきたヒトラー
を見ていたのがまずかった。どっちの映画でもヒトラー 最期の12日間のパロディーシーンが挟まれているけど、クオリティの差が段違い。『帰ってきたヒトラー』の方は丁寧な再現とストーリーとの絡めかたで笑ってしまったけども、『アイアン・スカイ』では取り合えずパロってみたような雑さを感じてしまった。

 

最初のパロディシーンで感じた残念さが映画の終わりまで続いちゃったと思う。チャップリンの『独裁者』が月面では10分で終わる短編映画になっているところは面白いけど、この事実を目の当たりにしたヒロインの反応も そこまで大きくないのが気になるし、ラストの地球側での乱痴気騒ぎでも目立つ暴言を吐くのはアメリカ人くらい。劇中 北朝鮮をイジるシーンはあるものの、他の国へのイジリは慎重になっている印象。靴を投げるシーンも取り合えず挟んだんじゃないの? ということで、そこまでブラックでもなく その分ハラハラする面白さが削がれてる印象。
対ナチスの次は地球全体で戦争が起きる終わり方はおもしろいかった。でも筒井康隆ほど暴言・暴行が入り乱れることもないので、少し消化不良。お金の掛かる戦争シーンがなくても良いから、ブラックな言動がもう少し多かったら良かったのに。

 

まぁ、この映画の最大の魅力はユリア・ディーツェの可愛さにあるし、最初の掴みがバッチリなら、楽しめると思います。

アマゾンビデオ版です

アイアン・スカイ (字幕版)
ユリア・ディーツェ
2013-11-26 








おすすめ(ささのさの感想こちら)


名作の一本
ヒトラー 最期の12日間 [DVD]
ブルーノ・ガンツ
ギャガ
2015-07-02


 

(感想)帰ってきたヒトラー-まるで待ってたかのような

帰ってきたヒトラー


帰ってきたヒトラー 

  • 監督 デヴィット・ヴェント
  • 出演 オリヴァー・マスッチ
  •    ファビアン・ブッシュ
  • 公開年 2015(ドイツ)  2016(日本)
  • 制作国 ドイツ

 

2014年のドイツにタイムスリップしたヒトラーは、TV局をクビになったサヴァツキと共に、ドイツ中をヒトラーの格好でインタビューしていく旅に出た。ネットにアップされたその映像は瞬く間に反響を呼び、ついにモノマネ芸人としてTVデビューまでする。彼は人気者になっていくが、かつての野望の火は消えていなかった……

 

ネタバレありです

 

個人評価 ★★★★★ (5/5)

 

うわー 他国事じゃない…

 

おもしろかったけど、怖いなぁ。

移民を100%信用しろってのも不安だし、それを世間じゃ言いにくいのもあるからなぁ。国民が右傾向だからこそヒトラーのような人が求められるのが、すごく分かりやすく伝わる。

 

仕込みと本物が混じったインタビューもおもしろい。

こういうのは『ボラット』の似非アフガニスタン人でも見たけど、おっかなびっくり な感じで見ちゃうドキドキ感と、ヒトラーが普通に画面にいる変な感じが良かった

 

終盤は何か、劇中劇の三文芝居を見せつけられましたけど、これも もっと未来の着地点で終わって欲しかったという自分の願望が ラストにケチをつけたい感情になっているのかもしれません。

最後のヒトラーが「好機到来」と言ったところは鳥肌が立ってすごい。

 

『ズートピア(レビュー)』を見た後に、続けてみたせいでキツイ。

この世の中 綺麗事だけでは 全員が納得いくことはないよなぁ。

表面上とその周辺だけは仲良く行くんだけど、そこから先が難しい。

ブルーレイ版です



パロディシーンは爆笑したけど、この映画自体は傑作
ヒトラー ~最期の12日間~ Blu-ray
ブルーノ・ガンツ
TCエンタテインメント
2012-09-05


 

ギャラリー
  • (感想)俳優 亀岡拓次-恋愛パートをそっちのけでレビューした結果
  • (感想)俳優 亀岡拓次-恋愛パートをそっちのけでレビューした結果
  • (感想)俳優 亀岡拓次-恋愛パートをそっちのけでレビューした結果
  • (感想)俳優 亀岡拓次-恋愛パートをそっちのけでレビューした結果
  • (感想)俳優 亀岡拓次-恋愛パートをそっちのけでレビューした結果
  • (感想)俳優 亀岡拓次-恋愛パートをそっちのけでレビューした結果
  • (感想)俳優 亀岡拓次-恋愛パートをそっちのけでレビューした結果
  • (感想)俳優 亀岡拓次-恋愛パートをそっちのけでレビューした結果
  • (感想)俳優 亀岡拓次-恋愛パートをそっちのけでレビューした結果