ささのさ散々

自分がお嬢様JDなのかお嬢様DJなのか分からなくなってきた 妄想にとらわれる美しき女人の映画乱視ブログ!!

★★☆☆☆

(感想)御法度-殺陣の色気で興奮

『御法度』

御法度
 

 

  • 監督 大島
  • 出演 ビートたけし
  •      武田 真治
  •      松田 龍平
  •      浅野 忠信
  • 公開年 1999
  • 制作国 日本

 

1865年京都 新選組。二人の男が入隊する。その内の一人 加納惣三郎(松田龍平)は美少年であった。衆道がにわかに流行り出していた新選組では、惣三郎の美貌に虜にされる者が続出する。それにより規律も乱れだし、ついに殺人が……

 

ネタバレありです

 

個人的な評価 ★★☆☆☆ (2/5)

それほど新鮮じゃない

 

ささのさは別に腐女子じゃないですが、そういうジャンル(BL)が歴史系にも踏み込んでいるのは知っているので、衆道は新鮮ってほどでもなかったです。

ゲイ映画自体も『シングルマン』やら『フィリップ、きみを愛してる!』とかを見ているので、特に抵抗もなく見られましたし。

そういう意味では、衆道から見る日本独特のBLみたいなものを見たいなぁ、とか思ったけど、実際そういうのは殺陣シーンくらいだったかも。

 

ゲイ映画にしては魅入ってしまう役者さんがいなかった感じ。

松田龍平も現在の成長振りを知っているから、拙さのほうが目立っていた。少年役だからそれで良いかもしれないけど、演技に必死な感じで惹き込まれなかった。でもそこが好きな人は一杯いるでしょうけどね

ビートたけしや田口トモロヲには色気は感じないし、浅野忠信も武田真治もこの映画では普通の人って感じ。

というか興奮したシーンが殺陣のところだけで、他は全く興奮しなかった。

ゲイゲイしさを隠そうともせずに、前に出し過ぎていて、そこらへんから色気が削がれているのかもね(『戦場のメリークリスマス』だったら、背徳の色気みたいなのがあったけど)

 

大事な映画ラストで「沖田さん」「ギャー」と言わせるシーン。音声だけで理解させようとするのは良いけど、この「ギャー」は滑稽だったなぁ。呻くだけなら笑わなかったのに

 

ビートたけしの「惣三郎め。美しすぎた。男に嬲られているうちに、化物が住み着いたのだろう」みたいな台詞は 古典作品からある様式美だけど好きでした。

 

惣三郎が本当は誰を好きだったかとか、脚本的にはおもしろい点はあったのですが、他の部分は特に魅力を感じなかった。そんな映画でした。 

Amazonビデオ版です

御法度
ビートたけし
2013-11-26


監督の過去作
戦場のメリークリスマス [DVD]
デヴィッド・ボウイ
紀伊國屋書店
2011-10-29

 

(感想)スマグラー おまえの未来を運べ-要は運び屋“スマグラー”

スマグラー おまえの未来を運べ

 
スマグラー

 

監督 石井 克人

出演 妻夫木

   安藤 政信

   永瀬 正敏

公開年 2011

制作国 日本

 

役者を夢見ていた主人公は借金の形に、危険な運び屋(スマグラー)のグループに入れられる。舞い込んできた依頼は殺し屋<背骨>を生きたまま運ぶこと。しかし運んでいる途中に<背骨>が逃げてしまう……

 

個人評価 ★★☆☆☆ (2/5)

 

スマグラーって、シャレた言い方だけど まんま密輸()なんですよね
運び屋で良くね?

 

ネタバレあり原作漫画は未読です

 

以前見た石井克人監督の『鮫肌男と桃尻女』は わりと好きだったんですが、
今回は作品のノリに付いて行けなかった印象です。

 

何と言うか、芝居臭いのが目立って、終始ギャグがスベっていました

↑の中でもっとも駄目だったのが高嶋政宏の演じていた悪役狂人で、変にオーバー過ぎて、逆に怖くないという結果に……

拷問シーンも良いはずなのに、高嶋政宏が邪魔で邪魔で仕方がない。軍服にオムツ姿は狙ったギャグにしか見えない。

 

真面目に見るのも、馬鹿馬鹿しくて、闇金会社の松雪泰子ゴスロリで登場したとき、自分の中でかなり気持ちが削がれた。リアリティが壊滅状態に……

松雪泰子の顔は綺麗だし、オバサンがコスプレするのは個人的にすごいフェチなんだけれど、「背骨(殺し屋)の居場所が分かったわよ」と一役買ったときに見せた微笑みが、演出的にクサすぎて、すごく嫌でした。

 

あとスローモーション使い過ぎ。一々やり過ぎで面倒になっていく演出。

 

途中で、松田優作版『野獣死すべし』の映像が何故流れるのかも分からなかった。

終盤、主人公が覚醒したシーンで、松田優作さながら「リップヴァンウィンクルって知ってます?」と言うとか、ロシアン・ルーレットに持っていくとか、狂った演技するのかと思いきや、特に関係もなく拍子抜けする展開。
というか、覚醒後は あっさり映画が終わるので、ちょっと物足りない。
一瞬の超演技だと思えば、腑には落ちるんだけど。 

 

ただ永瀬正敏安藤政信 この映画で好きになった。存在感が段違いであったし、若干スベってる雰囲気の作風でも ちゃんと格好良いと思える演技でした。新しく注目する俳優が見つかるのは『鮫肌男と桃尻女』と同じですね。

 

安藤政信は そこまで筋肉がある訳でもなかったのですが、上半身半裸が写された時は格好良かった。まぁ最後のバイオハザードのリッカーみたいな動きは、別の映画見てるようでポカーンとしました。
↓天上張り付きリッカー
リッカー
 

冷めるところあり、熱いところもあり そんな映画でした。

DVD版です


 

真鍋昌平先生の原作漫画です



屍者の帝国 (2015) 感想

最近 カズレーザーを見ていると、『方舟さくら丸』のサクラ役がピッタリだなー と思う、今日この頃。 

鼻風邪で映画館に行けなくて、DVDばかり見ています。

屍者の帝国

屍者の帝国
 

 

監督 牧原 亮太郎

出演 細谷 佳正

   村瀬

制作会社 WIT STUDIO

公開年 2015

制作国 日本

 

ヴィクター・フランケンシュタインにより死体を屍者として蘇えさせる技術が生み出された。そして世界中で屍者が労働力として運用されていた。

医学生で諜報機関所属のワトソンは屍者の友人フライデーと共に、ヴィクターの手記とヴィクター・フランケンシュタインの生み出した怪物 ザ・ワンを追うことに……

 

個人評価 ★★☆☆☆(2/5)

 

制作側がわざと難解にしてるんじゃ……

 

原作を読んだのが結構前なので、ぽつぽつ思い出しながら見ました。

 

正直な話、映画版『ハーモニー』では、作画が残念だった。

近未来なのに 建築物も服装も こんなものかと思ってしまった。

だが今回『屍者の帝国』は背景とか凄く良かった。

スチームパンクな世界とか細かい装置とか ちゃんとしてるー。
 

大里化学の鎧武者二体が立ち上がるところが一番格好良かった。

 

ただストーリーは微妙

フライデーを親友に改変したのは別に問題なし。

 

展開が駆け足だし、説明不足で行動が突然な感じもあった。

あと原作読んでないと ワトソンがホームズの助手だと分からなかった気がする。

ザ・ワンの登場がいきなり過ぎたし、元ネタの花嫁が欲しいって設定があることについて、
説明があったか?
なければハダリーを嫁にすることが 意味不明に見えるような
「フランケンシュタインの怪物」の存在は有名だけど、嫁のところまで有名か?
 

ラスト 主人公が自分の体で実験するのも 映画では突然な感じだし。

 

視聴中の私「Mの声 大塚明夫さんかー。脇役なのに大御所だなー。それにしても声がごつい」

    ↓

終盤のM「チャールズ・バベットが なんたらかんたらー」ドドーン

 

このための大塚明夫さん 起用だったのか……

後から考えたらこの使い方、あからさまで好きじゃないな。

 

というか原作のの説明はどうした。

魂の正体を明かせよ!!

これがないと、よくある何となく難解に作ってるアニメじゃん。

 

全部 説明が必要ではないけど、原作読んだときに衝撃を受けたから 見たかった。

まあ、二時間じゃあ足りないわな…… という映画でした。

原作小説です。

屍者の帝国 (河出文庫)
伊藤 計劃
河出書房新社
2014-11-06


ブルーレイ版です。
屍者の帝国 (完全生産限定版) [Blu-ray]
細谷佳正
アニプレックス
2016-02-03



バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生 (2016) 感想

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生

バットマン vs スーパーマン


監督 ザック・スナイダー
出演 ベン・アフレック
   ヘンリー・カヴィル
   ガル・ガドット

前作『マン・オブ・スティール』でのスーパーマンの戦いにより、
ブルース・ウェイン(バットマン)の会社が被害を受ける。
バットマンはスーパーマンを敵視し、対決を挑む。
しかし、ママの名前が同じだったので仲直り。
そして真の敵である怪物が登場。ワンダーウーマンとか言うのも参上。
戦いはスーパーマンとヒロインのイチャイチャを挟みつつ、スーパーマンの犠牲により勝利。
まぁ当然、スーパーマンは死んでなかった、というところでエンドロール。
 
個人評価 ★★☆☆☆ (2/5)

ワシとバットマンが置いてけぼり食らってますけど……

DCコミック素人には 展開に付いて行けなかったです。
バットマンってバットモービルとかで一般人に被害与えてなかったのか。
一般人に被害があったからスーパーマンに敵意を持ったんじゃないのか。
まあ、しょうもない理由で和解したので、敵意に重みないわ。

あとワンダーウーマンな。
ワンダーウーマン 

こいつ誰だよ!!
アメコミ素人にはわからねえよ。
バットマンとスーパーマンの間に陣取ってましたけど、
二人より有名なの? (後で調べたら結構有名でした) 
他の超能力者も誰だったのか? ていうか今まで何してたのか?

先にワンダーウーマンの映画撮るべきじゃない?(MARVEL感)  
すごい綺麗な人でしたけどね。
スーパーマンの恋人の行動がクソなのもあって、とっても魅力的。

バットマンの戦力差の話し。
スーパーマンと戦ってるシーンは 姑息な手を使って、とっても良かったです。
だって、どうやってもスーパーマンには勝てないじゃないか
弱体化させてからの攻撃ラッシュは燃えました

ただラスボスの怪物との戦いにはガッカリでしたけどね。
呆然としてるじゃん。ただのコスプレ男じゃん。もっと活躍を……
最後の一撃ぐらいバットマンで良いじゃん。どうせスーパーマン死なないだろ。
『駆込み女と駆出し男』ぶりに、お前がとどめを刺すのかよ と思った

クソ映画とは言わないけど、ちょっと残念な映画でした。


ブルーレイ版です。


ザックスナイダー監督作品。
ゾンビ映画の中で一番好きです。


 
ギャラリー
  • (感想)俳優 亀岡拓次-恋愛パートをそっちのけでレビューした結果
  • (感想)俳優 亀岡拓次-恋愛パートをそっちのけでレビューした結果
  • (感想)俳優 亀岡拓次-恋愛パートをそっちのけでレビューした結果
  • (感想)俳優 亀岡拓次-恋愛パートをそっちのけでレビューした結果
  • (感想)俳優 亀岡拓次-恋愛パートをそっちのけでレビューした結果
  • (感想)俳優 亀岡拓次-恋愛パートをそっちのけでレビューした結果
  • (感想)俳優 亀岡拓次-恋愛パートをそっちのけでレビューした結果
  • (感想)俳優 亀岡拓次-恋愛パートをそっちのけでレビューした結果
  • (感想)俳優 亀岡拓次-恋愛パートをそっちのけでレビューした結果