ささのさ散々

自分がお嬢様JDなのかお嬢様DJなのか分からなくなってきた 妄想にとらわれる美しき女人の映画乱視ブログ!!

★★☆☆☆

(感想)俳優 亀岡拓次-恋愛パートをそっちのけでレビューした結果

※注意 映画の内容に関するネタバレがあります。



数々の脇役をこなしてきた俳優 安田顕の映画初主演作品。

その記念すべき作品の役柄とは……



脇役



俳優 亀岡拓次
キービジュアル
監督 横浜 聡子
出演 安田 顕
    麻生 久美子
公開 2016年
オススメ度 ★★☆☆☆(2/5)

亀岡拓次は脇役しか仕事がない俳優(映画公式サイトのストーリーページでカメタクとか呼ばれているのは皮肉ですか?)

しかし「現場に奇跡をもたらす男」として業界人に評判の男という設定

劇中で演じられるのはチンピラ役とか
1

ホームレスとか
7

時代劇のやられ役とか
4

これは別作品だけど
HK
(『HK変態仮面』より)

演じている安田顕さんよりインパクトのない亀岡拓司が何故「現場に奇跡をもたらす男」などと呼ばれているのか?



答えは目を飛び出すことができるからだ
3

……ギャグ映画でしたの?

というのは置いておきましょう。映画を最後まで見ましたが、主役の亀岡拓次をすごいとか感心できるような奇跡は起こりませんでした。監督はろくにすごい部分を見せようとしないんですもの。

昔出ていたカルト映画を褒められるシーン
10-3
10-1
10-2

こういうカルト映画で異彩を放つ俳優……すごい好きです❤

でもセリフだけで実際に猫ゾンビになっているシーンは映らないから肩透かし感がありましてよ。



安田顕を主役に据えるなら、そのシーンを撮れませんでしたの?
HK2

他にも海外のすごい監督から過去作を褒められる亀岡拓次
11
11-2
11-3
11-4

ここでもセリフだけで「まさに闇」を体現した映像はないです。

しかし、それでも安田顕の体当たりシーンがない訳ではありませんの。
安田顕 オムツ

オムツを履いて一目ぼれしたヒロインに会いにいくシーン。ヒロインへの恋心を自覚する流れは唐突過ぎて呆然ものでしたが、「今度はオムツ履いて会いに来ます」という冗談を言っておいてからの、本当に履いて会いに行く流れは、予想はできる展開ではあるものの、個人的にはグッとくるシチュエーションでしたわ。

恋愛パートが気になる方は本編を見ましょう。白ニット姿の麻生久美子さんは美しいと思いました。
ヒロイン

物語のラストでは亀岡拓次が海外デビューを果たします!!

撮影が始まり、水瓶を頭に乗せながら砂漠を歩き始める主人公……
6-0

かと思えば、唐突に挟まれるヒロインのカット
唐突のヒロインカッと

次に場面転換したときには撮影は終了している模様

監督からの評価は
6
6-2

きっとカットされた部分では、私たちがアッと驚くほどの奇跡をもたらしていたのでしょう!!  

まさにこの状態……
月刊少女野崎くん
(『月刊少女野崎くん』より)

ヒロインのカットを挿入せずに、あのまま亀岡拓次が歩いているシーンを撮っていたとしても、監督の褒め言葉通りの映像が撮れていたとは思えないかもしれませんが…… 見せないのも不誠実じゃなくって……




それにしても安田顕さんも2018年に公開する映画では主演作品が2本もあるのですから(『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています』と『愛しのアイリーン』)、女性人気も相当な高まっていると思いますの。ここは流行に乗っかって安田顕好きの女子とお家でDVDデートなんかする際にはオススメなのではないかと思う次第です。

オチ
オチ2
オチ3


この映画はお家でDVDデートにオススメです❤


俳優 亀岡拓次 DVD(通常版)
安田顕
アミューズ
2016-08-24



HK/変態仮面 [DVD]
鈴木亮平
TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
2016-04-13

(感想)ラブ&ピース-夢を叶える巨大亀襲来

『ラブ&ピース』

ラブ&ピース
 

  • 監督 子温
  • 出演 長谷川 博己
  •     麻生 久美子
  • 公開年 2015
  • 制作国 日本

 

主人公はロックミュージシャンを目指すも挫折し、夢を諦められないまま うだつのあがらないサラリーマンになった男。職場ではイジメられており、ペットの亀「ピカドン」だけが友達だった。その後主人公はパニックから亀をトイレで流してしまう。ピカドンは流された先で、一人のおじさんとたくさんの喋るガラクタや他のペットたちと出会う。そこでピカドンは体が大きくなる代わりに願いが叶う飴玉を食べてしまう。そのことを主人公は知らないまま一躍ロックスターとしてスターダムを駆け上がって行くが……

 

 

<前置き>ネタバレありです。今回は主観とか妄想が多いかもしれないです。ファンの方は嫌な気持ちになるかもしれません。

 

評価 ★★☆☆☆ (2/5)

 

上手いこと映画のノリについて行けませんでしたぞ( ・Д・)ズットコンナカオシテタ

まず掴みの部分。バカそうな若者にバカな感じでピカドンってなに? と言わせている時点で若者の自分には「この監督は若者がみんな馬鹿に見えているのだろうなぁ」とか考えてテンションが冷めっぱなしでしたぞ。そのくせ主人公が亀にピカドンと名付ける時には馬鹿っぽさではなくて、主人公の純粋さを押し出して来るものだから、この監督「俺は他のバカと一緒じゃない、あえてピカドンの意味知ったうえで名付けているんだ」とか思っているのかと邪推してしまい興醒めでしたぞ。

 

他にも、主人公が逃げ込む個室トイレの壁には罵倒語が書かれているのですが、それがいかにも美術さんが書いているみたいな画だったし、主人公が被害妄想してニュースコメンテーターに罵倒されているのですが、その罵倒している言葉が幼稚でこれまた冷めますな。主人公をいじめる同僚も小中学生みたいなノリなので、追い詰められている気がしないですぞ。長谷川博己が過剰な恐がり方をしているだけじゃないか。園監督らしい暴力がないとこんなにも幼稚な追い込み方しかできないのかと結構拍子抜け。この後主人公がスターダムにのし上がるというのに、ここでちゃんと追い込まないからロックで呪縛から解放された時も爽快感が湧き起こらなかったですぞ

 

そうこうしていると西田敏行とオモチャパートに突入。一気に幼児向けになっちゃいましたぞ。さっきの主人公が馬鹿にされ自己が崩れかかっているパートはYA(ヤングアダルト)感があって、もうちょっと対象年齢高めだったはずですぞ。一体 何歳向け作った映画なのか? 何にせよ このパートは普通の幼児向け過ぎて退屈でしたな。

 

物語は一転してミュージシャンとしてスターダムに上がっていく長谷川博己。『地獄でなぜ悪い』からのファンサービスを交えながら主人公がチヤホヤされて、監督の願望が明け透けですな。でも分かりますぞ、私もああいう妄想したことありますぞ。ただ監督は本人に言ったら「俺は君とは違うんだよ、分かる?」とか否定されそうですが。

 

再びのオモチャシーン。実は西田敏行はサンタさんだったんだよ!!

……はい。そうですか。どうしても長谷川のシーンは一気にスターダムを駆け上がる都合上テンポが速いですから。ゆっくり喋る西田敏行パートになるとテンポが落ちてしまい失速感がありますな。

 

そして特撮シーン。初登場したときの実写の亀から、オモチャみたいな見た目になった巨大亀ピカドンその愛らしい目から子供達にも恐怖を与えない優しい奴さ。声は大谷育江さんで可愛いさ倍増ですぞ。

そしてこの映画で一番の良かったシーン。序盤で長谷川博己がたばこ箱やら野球盤で都市の街並みを再現して、その真ん中を子亀ピカドンに歩かせて、自分のスターダムを妄想していた場面。それが巨大亀ピカドン進行シーンで実際の建物と重なるシーン。ここの演出は好きでしたぞ。

 

そんなこんなで結末は主人公が逃げて(投げて)全て失うも、子亀とヒロインだけ残って良かったねーみたいな終わり方でしたぞ。主人公は子亀に再会したとき「亀、お前か?」なーんてピカドンとちゃんと呼んであげない終わり方でしたな。

 

ピカドンを忘れてすべては解決。もう平和でピカドンに脅威はないんだよーってか。

……考えすぎか。脚本の人そこまで考えてないよね、多分

 

まぁ園監督だし、今作も好きな人には好きなんでしょうな。

個人的には子供向けには中途半端で、大人向けにも中途半端だなぁと思ったところですかな。

 

DVD版です。

ラブ&amp;ピース スタンダード・エディション(DVD)
長谷川博己
キングレコード
2015-11-25

 

(感想)スーサイド・スクワッド-本当の捨て駒は…

『スーサイド・スクワッド』


スーサイド・スクワッド

  • 監督 デヴィッド・エアー
  • 出演 ウィル・スミス
  •     マーゴット・ロビー
  •     ジャレッド・レト
  • 公開年 2016
  • 制作国 アメリカ


『バットマン vs スーパーマン』でスーパーマンが死んだ。政府は新たなる脅威に備え、刑務所に服役中の悪役(ヴィラン)で構成した特殊部隊<スーサイド・スクワッド>を結成させる。そしてアメリカでは魔女<エンチャントレス>が暴れ始め、捨て駒のスーサイド・スクワッドが解き放たれる……

 

ネタバレありです

 

個人的な評価 ★★☆☆☆ (2/5)

誰がヒーローだったのか…… 

 

とにかく評判が悪いもので見る機会を延ばしていた本作、これだけは面白いと言われる予告編を何度も見ているうちに、やっぱり本編も見たくなっちゃたので、期待値をかなり下げて視聴しました。まぁそれでも予告編の方が面白かったです。

 

全体的にテンポが悪いウィル・スミス前に出過ぎジャレッド・レト出番なさ過ぎ思っていたよりヒャッハーしていない、というのが残念な所。何か撮影の段階でゴタゴタがあったらしいですが、一人のキャラに割くバランスがおかしいように思えましたね。

妄想だけどウィル・スミスが俺が出るなら、こんくらい目立って、善人にしか見えなきゃ嫌だって文句付けたんじゃないかって、勘繰ってしまうレベル(そんなソースはありませんが)。正直そんなキャラ設定は他の映画でお腹いっぱい。

ささのさ的には元々デヴィッド・エアー監督作品はちょっと苦手で、『フューリー』でも積み重ねた展開が最後にB級映画のようなドンパチになるのが好きじゃなくて、『エンド・オブ・ウォッチ』でも最後のドンパチがやっぱり苦手だったりする。良く言えば映画の盛り上がり所だけど、それまでの作風からガラッと印象が変わるので そんなに好きじゃない。

ただこの映画では、それが良い方向に動いて、どこかで囚人達のタガが外れて派手にヒャッハーな感じで暴れまわってくれるんじゃないかと期待していたんですが、結局はみんな良い子ちゃんチームで終わったので残念。
何よりモブ兵士達が可哀そうで キャラ付けもされず、捨て駒の部隊に据えられてもなお、
任務を遂行するために奮闘して 死んでいく彼らの本当の捨て駒っぷりよ。

 

総評マーゴット・ロビー可愛い。どこでも見る まとめ方ですが確かな求心力です。
散った名もなきモブ兵士達に敬礼!!

ブルーレイ版です。

スーサイド・スクワッド ブルーレイ&amp;DVDセット(初回仕様/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]
ウィル・スミス
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2016-12-21


マーゴット・ロビーのエッチでもない入浴シーンが見られる映画(レビューはこちら


 

(感想)バトルフィールド-1066年シャドウ・ウォーカーが征く

『バトルフィールド』


バトルフィールド

  • 監督 ジム・ウィードン
  • 出演 スタンレー・ヴェベール
  • 制作年 2014
  • 制作国 イギリス

 

1066年イングランド北部。ノルマン人によりサクソンの人々は迫害されていた。そこに現れるは謎の男シャドウ・ウォーカー(スタンレー・ヴェベール)。復讐のためにノルマン兵と戦う彼に、村の人々が集まり大規模戦が始まろうとしていた。圧倒的数の前にどう戦うのか。シャドウ・ウォーカーの正体とは……

 

ネタバレありです

 

個人的な評価 ★★☆☆☆ (2/5)

なんかモッサリ

 

歴史的背景を持ったアクション映画。

重厚なヨーロッパの歴史を前に知恵熱が発生すると思いきや、
この映画
極端なほど頭を使わない。これが歴史ものかってほど重みがないよ

 

前知識が必要とは思わなかったです。↑のあらすじみたいな迫害が行われていたんだなぁ、くらいが何となく提示されます。重みがないところの一つは、その迫害の描写がかなり薄く表面的過ぎたので、あまり感情移入できなかったこと。主人公も映画が始まってすぐに無双し始めるので、迫害されている側がそこまで可哀そうとも思いませんでした。

 

この映画自体、フィクションにありがちな美人ながら男勝りで統率力のある女兵とか
シャドウ・ウォーカーなんてゲームみたいな主人公名とか
ふざけている要素を多く孕んでいるので、歴史背景を真面目に捉えないが吉です。

 

肝心のアクションシーン 結構多いです(これは嬉しい)。ただ全体的にモッサリした感じでした。意味のないスローモーションが一々はさまれる、敵は優しいので一人一人やられるのを待ってくれる主人公が強すぎる。何とも抑揚のない感じでした。あからさまにフィクションな作品なのだから、もっと大味でも良かったのに。
 

画の雰囲気とか汚れた服とかは頑張っていましたが、燃え足りない一本でした。

DVD版です

バトルフィールド [DVD]
スタンリー・ウィーバー
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2016-04-06


燃えたりない人におすすめ
300 〈スリーハンドレッド〉 ~帝国の進撃~ [DVD]
サリバン・ステイプルトン
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント




 

(感想)9~9番目の奇妙な人形~-終末ですって布人形

9 ~9番目の奇妙な人形~

 
9 9番目の奇妙な人形 

  • 監督 シェーン・アッカー
  • 出演 イライジャ・ウッド
  • 公開年 2009
  • 制作国 アメリカ

 

すでに人類が滅亡した世界で一体の人形が目を覚ます。人形の背中には9(ナイン)の数字。そして彼の前に現れる他の数字を背中に持つ仲間たち。自分たちはいったい何なのだろうか、人形たちは迫り来るビーストから逃げ、不用意に作動させてしまったマシンを止めることはできるのか!!

 

ネタバレありです

 

個人的な評価 ★★☆☆☆

意外と大味

 

この映画、制作にティム・バートンがクレジットされている。
そんなことだから見る前は
もっと暗くて重厚なダークファンタジーかと思っていたら、見て驚きTHEハリウッド映画みたいな派手かつ大味な作品でした。

 

映画の始め辺りは、人形の少しの挙動が (皮膚)たゆみに出るので 造りが丁寧な映画かと思っていたら、巨大マシンの動きはすごく雑な感じ。とりあえず暴れさせられるなら良い みたいな挙動。特に物語後半は人形自体の動きもダイナミックになって、人形の機微とか そもそもの奇妙さも感じられなくなったかなー。魂の由来が人間だから人間みたいな普通な動きが当然 ではなくて、人工的なもので動いている感じは最後まで残して欲しかった

 

脚本については とがった所がないので、これといった感想がない。終末ベースに謎の生命体と敵ロボットをブチ込んで鍋にしました  みたいな脚本。

 

キャラクターに関しては薄味。あまり各キャラにスポットが当たらないので マシンに取り込まれて退場しても 特に悲しくならなかった

主人公も正義感だけで突っ走る系なので、好き嫌いは分かれそう。個人的には正直 ちょっと鬱陶しいと思った。

 

終わり方も中々の投げっ放し。でも 物語のその後に左程興味がないので気にならない。

良く言えば 誰でも見やすい映画、悪く言えば 軽い感じの映画でした。

アマゾンビデオ版です

 

ギャラリー
  • (感想)俳優 亀岡拓次-恋愛パートをそっちのけでレビューした結果
  • (感想)俳優 亀岡拓次-恋愛パートをそっちのけでレビューした結果
  • (感想)俳優 亀岡拓次-恋愛パートをそっちのけでレビューした結果
  • (感想)俳優 亀岡拓次-恋愛パートをそっちのけでレビューした結果
  • (感想)俳優 亀岡拓次-恋愛パートをそっちのけでレビューした結果
  • (感想)俳優 亀岡拓次-恋愛パートをそっちのけでレビューした結果
  • (感想)俳優 亀岡拓次-恋愛パートをそっちのけでレビューした結果
  • (感想)俳優 亀岡拓次-恋愛パートをそっちのけでレビューした結果
  • (感想)俳優 亀岡拓次-恋愛パートをそっちのけでレビューした結果