ささのさ散々

自分がお嬢様JDなのかお嬢様DJなのか分からなくなってきた 妄想にとらわれる美しき女人の映画乱視ブログ!!

★★★★☆

(感想)ロード・オブ・ウォー-戦地でスーツの武器商人

『ロード・オブ・ウォー』

 
ロード・オブ・ウォー
 

  • 監督 アンドリュー・ニコル
  • 出演 ニコラス・ケイジ
  •     ジャレッド・レト
  •     イーサン・ホーク
  • 公開年 2005
  • 制作国 アメリカ

 

一家全員で開いているレストランの長男ユーリ(ニコラス・ケイジ)。彼はアメリカにやって来たロシアン・マフィアの銃撃戦見て武器商人になることに決意。ユーリは重火器を売ることに才能を発揮させ、財産と家庭を築いて行く。だが成功と共に敵も現れ始め……

 

ネタバレありです

 

個人的な評価 ★★★★☆ (4/5)

三者三様の哀愁

 

文明が進んだ現代。戦争をするにも銃がなければ始まらない。そんなことだから武器商人という裏で戦争を支配する人間がいる。そんな戦争の裏側を描いた映画です。

フィクションの中の武器商人と言えば、売った途端 撃たれるイメージがあるけど、このニコラス・ケイジは頭が良いので安心。ビン・ラディンに銃を売らないのは思想の問題ではなく、不渡りが多いため、とか現実的でなるほどなーと思えるので面白い。
戦地の子供が死んでしまう場面もサラッと流していくのも
戦場では当たり前という怖さがあった。それでいて思想を押し付けるでもなく、銃弾をばらまくときにレジのキャッシャーみたいな音を出すおふざけ感とか、バランスよく社会派と娯楽が両立している感じだった。
 

ニコラス・ケイジが嫁さんに武器商人を辞めるように詰め寄られるシーンで、僕には武器商人の才能があるからと言い放ったとき、これしか才能がないんだと思わせる雰囲気がすごく良かった。それが結末の哀愁を引き立てているのもグッと来た。

役者陣も素晴らしい。ジャレッド・レトは若くて青い感じがよく出ていて、その青臭さが最悪の結果を招いたシーン。展開は読めたけど それまでの施設への入所前にニコラス・ケイジから大麻を与えられる所の甘さがあそこに帰結したと思うと、若さ故の哀愁を感じてしまった。
枯れている寄りのイーサン・ホークとニコラス・ケイジも
枯れかけ枯れ切ってしまったのと 違いが出ていて深みが出てるー。

アンドリュー・ニコル監督でイーサン・ホークが出てる作品だと、自分が見ている中では、『ガタカ』→『ロード・オブ・ウォー』→『ドローン・オブ・ウォー』の順番で枯れていってるというか、陰が増しているのが面白い。この映画だと正義に燃える心が砕ける散る所を見られるぞ!!


色々な面が平均以上、そんな感じの映画でした。

ブルーレイ版です。

ロード・オブ・ウォー Blu-ray
ニコラス・ケイジ
TCエンタテインメント
2012-09-05


アンドリュー・ニコル監督のドローン戦争映画。(ささのさの感想はこちら)
ドローン・オブ・ウォー [Blu-ray]
イーサン・ホーク
ポニーキャニオン
2016-03-16


イーサン・ホークが渋くなっていく過程がこれ一本で分かる

 

(感想)ストリート・オブ・ファイヤー-昔々ギャングたちが……

『ストリート・オブ・ファイヤー』

ストリート・オブ・ファイヤー

  • 監督 ウォルター・ヒル
  • 出演 マイケル・パレ
  •      ダイアン・レイン
  •      エイミー・マディガン
  •      ウィレム・デフォー
  • 公開年 1984
  • 制作国 アメリカ

 

人気シンガーであるエレン(ダイアン・レイン)がストリートギャング<ボンバーズ>に攫われてしまった。エレンの元恋人だったトム(マイケル・パレ)はエレンのマネージャーから報酬をもらう約束で彼女を助けに行くことになる。元軍人の女 マッコイ(エイミー・マディガン)を引き連れレイヴェン(ウィレム・デフォー)に立ち向かう。

 

ネタバレありです

注意!! ささのさは公開当時 まだ生まれていないので、ありもしない郷愁にひたってます。

 

個人的な評価 ★★★★☆ (4/5)

懐かしい!! 経験してないけど !!

 

何と言うか、一昔前の映画だなぁ と思いつつ 中々おもしろかったです。

 

冒頭に出てくる<ロックンロールの寓話>というコピーも好き。

寓話って響き自体に懐かしい雰囲気がある。1984年の公開当時は見ている側も あのワチャワチャした雰囲気がお約束のノリみたいなイメージを持ってるからかもしれないけれど、2017年に見ると、その雰囲気すら寓話の遠い昔感を覚える。当時この映画を見た人は、今になって新しい見方とかするんだろうなぁ。
ロックンロールも良かった。全体的にノリノリな感じで、雰囲気にもマッチしていた。 

主人公については筋肉主義で他人(男)に対して横暴な所に、少しイラっとさせられるけれど、それすらも懐かしい。当時はあれが格好良かったのだろうね。

 

アクションに関しては 人が死なないアクション映画と銘打ってるところもあるので、人によっては物足りないかも。個人的には人がドタバタしている感じが楽しめたので特に気にならず終わった。

というか、クサいセリフとか敵が吹っ飛んで倒れるところとか、非常に舞台っぽい。
USJでやっている劇のような、映画の中の人がその役を演じているみたいな。そんなのだから死ななくても不満とまでは行かなかったかな。

 

個人的な注目したポイントは悪役のウィレム・デフォー

この若いデフォーのツルツルした肌よ。すごく初々しい。それでいてこの時から悪役がハマってる。

ウィレム・デフォー 

今の渋い顔立ちと最近でも活躍が続いてることを考えると、感慨深いものがありますね。

ウィレム・デフォー2
 

ウィレム・デフォーを若手時代から見守っていたみたいに書いていますが、今回、全体的にありもしない郷愁にひたってしまった。どういう訳かそんな気分にさせてもらった映画でした。

そしてラストの主人公の美学を描いているシーンは手垢ベッタベタですが、やっぱ格好良かったです。

アマゾンビデオ版です


 

(感想)ドローン・オブ・ウォー-居場所不明で旗色不鮮明

『ドローン・オブ・ウォー』

 
ドローン・オブ・ウォー 

  • 監督 アンドリュー・ニコル
  • 出演 イーサン・ホーク
  •     ジャニュアリー・ジョーンズ
  • 公開年 2015
  • 制作国 アメリカ

 

トミー・イーガン少佐(イーサン・ホーク)は少し前までは戦地の空を翔けるパイロットだった。そして現在は無人戦闘機であるドローンを操縦する部隊に配属されていた。戦地にいた頃は考えられない、殺される危険もなく、妻子と離れる必要のない毎日。そんな非現実的だと思われていた戦争を前にして主人公は苦しめられていく……

 

ネタバレありです

 

個人的な評価 ★★★★☆ (4/5)

味気ない日常が映える戦争映画

 

当ブログだと『ドローン 無人爆撃機』を先に評しているのですが、やはり使っているお金が段違いですね。現実と同じもの感じにこだわっている美術にも惹き込まれます。地上誘導ステーションであるコンテナみたいなのが並んでいるのが、特に印象に残った。

『ドローン 無人爆撃機』と同じく、画面を明るくするためなのか、薄暗い操縦室も鬱々としていたなぁ。

 

内容については、一人の操縦士がPTSDになっていく様を、丁寧に見せられるもの。大きな盛り上がりはなく、平坦な物語進行なので好き嫌いが分かれそう。

個人的には、主人公が堂々巡りで嫌な出来事を繰り返すことが、伝わってくるので、平坦な進行でも良かった。こっちの方が見ている側が感情移入しやすいかも。

日常と戦争の境界線が曖昧で、どっちつかずにフラフラしてしまっている感じも とても良かった。

 

個人的には退役してしまった人たちの、その後が見たかった。イーサン・ホークみたいに辞めてスッパリPTSDから解放されるものでもないかと(完全に解放されたシーンはないけど、妙に主人公はスッキリした感じだったし)

しかし元ドローン操縦士のコミュニティに入って、主人公がその人たちを支援していく終わり方なら、ちょっと『アメリカン・スナイパー』じみているので、そんなシーン自体要らないか。

ブルーレイ版です

ドローン・オブ・ウォー [Blu-ray]
イーサン・ホーク
ポニーキャニオン
2016-03-16


他のドローン映画です
ドローン 無人爆撃機 [DVD]
マット・オリアリー
アメイジングD.C.
2015-04-03


(感想)ドライヴ-流し目セクシードライバー

『ドライヴ』


ドライヴ

 

  • 監督 ニコラス・ウィンディング・レフン
  • 出演 ライアン・ゴズリング
  •     キャリー・マリガン
  • 公開年 2011
  • 制作国 アメリカ

 

昼は自動車修理工(あとスタントマン)、夜は強盗犯を逃がすドライバーの生活を送る主人公。主人公は同じアパートの同じ階に住む人妻に恋してしまう。そんな折に、人妻の旦那が刑務所から戻ってくる。だがしかし旦那には借金があり襲われてしまう。被害は家族にも及びそうになり、主人公が取った行動は……

 

ネタバレありです

 

個人的な評価 ★★★★☆ (4/5)

ライアン・ゴズリングさんカッケー

 

良いアクション映画でした。

アクション要素より立ち込める雰囲気が良い感じの映画。

 

『ラ・ラ・ランド』の前評判やらでも、よく聞くライアン・ゴズリングの評価の高さ。個人的には『L.A.ギャングストーリー』と『マネー・ショート』が良作とは思いつつも、ライアン・ゴズリングはそれ程 印象に残ってなかったりしていたのですが、今作で印象が焼き付いた感じです。

 

無口で真顔の多いライアン・ゴズリングでしたが、見ていて飽きない顔をしているなぁ、と思った俳優でした。今更ながら新発見。

フィリップ・マーロウ(探偵)とか演じてみて欲しいなぁ(美形過ぎるけど)

 

光と影の演出も魅力的でした。よくある暗すぎて何をやっているのか分からない、ではなく明暗ハッキリの見え隠れする映像がシャレてるなー、と思った。

エレベーターの中でいきなりヒロインにキスからのアクションシーンは、かなりオシャレが振り切り過ぎていて謎でしたが、現実のファッションショーでも何かよく分からない謎のオシャレとか目にするし、そういうものなのだろう。

 

エレベーターのシーン以外は恋愛描写がクドくないので、そこも良かった。

何が邪魔するわけでもなく、役者やら音やら脚本から演出と全部が良い塩梅で高得点。

そんな映画でした。

Amazonビデオ版です

 

(感想)スポットライト 世紀のスクープ-行き過ぎた神父多すぎ

明けまして、おめでとうございます。
本年度もよろしくお願い致します。


『スポットライト
世紀のスクープ

 
スポットライト
 

  • 監督 トム・マッカーシー
  • 出演 マーク・ラファロ
  •    マイケル・キートン
  •     リーヴ・シュレイバー
  • 公開 2015(日本は2016)
  • 制作国 アメリカ

 

ボストン・グローブ(新聞)の少数取材部隊<スポットライト>。彼らは新局長からゲーガン事件を追うように持ちかけられる。それはカトリックの教会である神父が子供の性的虐待を行ったという事件。取材を重ねていくチームの前には教会の圧力と、遥かに大きい隠蔽の影が……

 

ネタバレありです


神父への罰とは一体?
個人的な評価 ★★★★☆(4/5) 
 

地味ながら良作、みたいな映画でした。

淡々と進んでいく中で、映画が1時間経ったあたりで、ボストンの被害人数が90人程いることが分かり始めた場面から跳ね上がるように面白くなったと思った。

ストーリー進行の中で 各々の登場人物の立場が鮮明になっていくので、段々テンションが上がっていく映画でした。

 

役者の演技も好きな所が多くて、マーク・ラファロの激怒シーンとか、リーヴ・シュレイバーの地域外から やってきて街の違和感に 探り探り触れているところとか、被害者側の弁護士をやっている俳優の方も最後の最後で子供に対して、上り調子で声をかけるシーンも良くて、エンドロール前のマイケル・キートンの間とか、流石アカデミー賞 みたいな感じでした。

 

気になったのは、あまりにもスポットライトの面々が聖人ぞろいというところ。

こんな記者たちが本当に居たの? みたいな真面目な人物たちでした。『キャプテン・フィリップス』でも思ったけど、実話系の映画で英雄みたいなキャラが良い面しか見せてないと、見ている自分としては 都合の良い撮り方してんな とか思ってしまう(自分でもうがった見方だとは思うけど)

でも、『キャプテン・フィリップス』よりは不快感はなくて、“なぜ今まで報道しなかったのか”という部分があったので そこがカバーしている感じはあった。

それでも綺麗なジャイアン見せられてる感じでしたけどね。

それにしても、これだけ行き過ぎた神父が多いと、分かっていて神父になった奴も多いのか?
手を出した神父に直接天罰でも下ればなぁー、気持ち消化不良。

ブルーレイ版です

スポットライト 世紀のスクープ[Blu-ray]
マーク・ラファロ
VAP,INC(VAP)(D)
2016-09-07
 
ギャラリー
  • (感想)俳優 亀岡拓次-恋愛パートをそっちのけでレビューした結果
  • (感想)俳優 亀岡拓次-恋愛パートをそっちのけでレビューした結果
  • (感想)俳優 亀岡拓次-恋愛パートをそっちのけでレビューした結果
  • (感想)俳優 亀岡拓次-恋愛パートをそっちのけでレビューした結果
  • (感想)俳優 亀岡拓次-恋愛パートをそっちのけでレビューした結果
  • (感想)俳優 亀岡拓次-恋愛パートをそっちのけでレビューした結果
  • (感想)俳優 亀岡拓次-恋愛パートをそっちのけでレビューした結果
  • (感想)俳優 亀岡拓次-恋愛パートをそっちのけでレビューした結果
  • (感想)俳優 亀岡拓次-恋愛パートをそっちのけでレビューした結果