ささのさ散々

自分がお嬢様JDなのかお嬢様DJなのか分からなくなってきた 妄想にとらわれる美しき女人の映画乱視ブログ!!

★★★★☆

(感想)あさがおと加瀬さん。-頭の中砂糖まみれになる映画ぁ

※注意 映画の内容に関するネタバレがあります。


あさがおと加瀬さん。
キービジュ2
監督 佐藤 卓哉
出演 高橋 未奈美
    佐倉 綾音
公開 2018年
おすすめ度 ★★★★☆(4/5)

2週間くらい前に梅田ブルク7で見てきました。週末でしたのでほぼ満席でしたわ。


『あさがおと加瀬さん』はOVAの劇場公開作品です。なので上映時間は1時間程度と短め。しかし個人的には丁度良いくらいの上映時間だと思いました。1時間を目いっぱい使ってイチャイチャしているだけと言っても嘘じゃないくらいに甘々な内容なのですので、見終わった後はこれ以上は入らないってほどに頭の中が砂糖で満たされている感覚を味わえます。

本当にもう女の子同士のイチャイチャにはニヤニヤされっぱなしでしたわ。LGBT映画というのも最近は珍しくもないですが、深夜アニメによく見られる百合作品がLGBTかと言われると、個人的には少し違うのではないかと思ったりしています。

タイポ2

LGBT映画にあるような(それも映画によって様々で一概に言えませんが)社会がこうあるべきみたいな主張は別にないです(ハーヴェイ・ミルクの自伝を扱った映画『MILK』だと同性愛者の公民権獲得とか、このHPでレビューしているものだと『チョコレートドーナツ』の男性カップルが養子を持つため司法について考え直そうみたいな社会への問いかけのような)。

だからと言って、(内容が恋人同士がイチャイチャしているのをニヤニヤしながら観る映画ゆえ)男女の恋愛映画を女性同士に置き替えた映画というのは早計ですってよ。この映画は百合独特の世界観がつくられているのが個人的評価ポイントなのですわ。

タイポ1

「あさがおと加瀬さん」の中で思わず自分がオッ!! と思ってしまいましたのは、修学旅行先に向かう飛行機の中で主人公の女の子(山田ちゃん)が騒いでいる男子に辟易して自分の世界に閉じこもるようにヘッドフォンを使おうとしたときに、颯爽と現れた加瀬さんが2人きりの空間に誘い出すという場面。

ここの2人だけの世界というのが注目すべき所。

個人的な好みというだけかもしれませんが、百合とは自分が触れると汚してしまいそうになるくらい神聖な関係性を見せてくれるもので、そこに観る側が尊さを感じるのではないか。

ただ、神聖で侵しがたい関係を一方的に求めているのは、差別と言われても仕方がないくらいには傲慢な裏側を秘めているのですわ(権利の主張をするなと言ってるように取られかねないのですわ)。

タイポ3

それでも…… 女学校のエス文化が日本における百合の大きな起点でもあるから、女性だけの閉じた世界と神聖な雰囲気・秘めた愛というのは百合に欲しい要素ではあるのですわ(しかして全部がそうあるべきではないです)。

そもそも自分はLGBTという言葉に社会派というイメージを持っているのが間違っているのかも?

コリン・ファースの名作映画『シングルマン』で登場するゲイが互いの目で理解しあって彼等だけの世界に入り込んでいくあの感じ。それがいま書いた百合の世界観と近いような気はしますわ。『シングルマン』もゲイ映画であってLGBT映画ではないように思うんですけど、どうなんでしょうかね? 自分で言いだしておいて、もう自分の頭じゃ考える容量が足りませんわ。

タイポ4

予告の時点で期待していたのが王子様を担う加瀬さんのムッツリすけべ具合。
3
最高でした。何かとえっちな目でヒロインを見ては慌てているのが可愛い。

5
そしてさらに良かったのが、何かと加瀬さんを発情させてしまう山田ちゃんの方も加瀬さんの体に悶々としてしまったり、やらしい目でみられていることに自覚してビックリするも受け入れたり……

潜在的むっつりスケベでカワイイ!!

このむっつり同士が最後まで、苗字呼びのまま清いお付き合いをしていて、見てるこっちが悶々とさせられるという具合でした。

2

ただ、初めて見るような新鮮な展開とか場面はこれといってないです。カップル間で性意識の差に擦れ違いが生じてしまう問題についての解決は、結構ふんわり気味に着地して終わってしまうのです。そして代わりに二人に立ちはだかる壁は進学で離ればなれになっちゃうかもしれない……みたいなよくある奴ですわ

ラストシーンでは『たまこラブストーリー』かな? と思ってしまう絵作りでしたが、山田ちゃんが普段見せないような強気なカタチで愛を伝えるのを見て(タックルで強引に加瀬さんを押し倒す)、いや今から大学のスポーツ推薦のために東京行くのに足を怪我したらどうするのっ、と冷静になってしまったり。そこからエンドロール後に追加されたカットの微笑ましい終わり方に、あ……もう最高ですわ(昇天)という結論に行きついた映画でした。

良かった……劇場の大画面で見て良かった。

どうして私には百合百合できる相手が存在しないのでしょうか。
キャンディス・パットン
(海外ドラマ『フラッシュ』より)

相手がいればなぁぁぁぁあっぁ。





私を百合街道に引き摺りこんだ元凶(ちゃおぇ)



(感想)ベイビー・ドライバー

ベイビー・ドライバー 

ベイビードライバー

  • 監督 エドガー・ライト
  • 出演 アンセル・エルゴート
         ケヴィン・スペイシー
         ジョン・ハム
         ジェイミー・フォックス
         リリー・ジェームズ
  • 公開年 2017

 

ネタバレあります。


★★★★☆ 4/5
 

前評判通り、そこまでカーアクション場面が大量という訳でもなかったです。もともと自分は、ガッツリ系のカーアクション映画 (例:ワイルド・スピード)にそこまで熱をあげていないのと、ドラマ部分が面白かったので十分楽しめました。

 

冒頭のツカミが良くて、

映画はじまってスグの強盗シーンで、車で待機する主人公が音楽を聴いてノリノリになっているところ。あのシーンを見てると、この映画のノリが伝わってくる気がします。

でも一瞬、主人公がチラッと強盗中の光景を見てビビってるところが、後々の不安を予感させて期待値が上がりましたね。

 

主人公が天才ドライバーなのに、支配されている側にいるのが悲しい。

ただそこが終盤に効いてくる。郵便局強盗から怒涛の展開が始まって、主人公の暴走がいかにも手放し運転で暴れている感じがあってハラハラした。あそこまで無謀にならなくちゃ、ドライブテクがあってもひ弱な主人公が、あのケヴィン・スペイシーとかあのジェイミー・フォックスやらの支配からは逃げられなかったんだろうな、と考えるとひとり納得。ライアン・ゴズリング主演の『ドライヴ』みたいなスマートな逆襲とかされたら、それこそ萎えたと思う。『ベイビー・ドライバー』は今までスマートに振舞おうとして、実はスマートでもなんでもない年相応のベイビーが、何とか現状から逃れようと自分でもコントロールできない暴走をしてしまうのが良いんじゃないと思いました。映画自体はノリノリな音楽とテンポの良い編集でそんな重さを感じさせないのも良いですね。

 

気になったところは、ケヴィン・スペイシーの心変わりするところが、ちょっと唐突過ぎて「これで国外まではいけるだろう」とか言って渡したカバンに罠でもあるんじゃないかと疑ってしまうくらいには突然だったこと(いや、女ができたくらいでソコまで優しくするかと)

あとリリー・ジェームズ演じるヒロインが可哀相に思えてくること。もしヒロインが親に虐待されているとか、今すぐにでも街を出た方が良い理由があるなら別だけど、ヒロインものすごく平和に生きてますやんか。そこに主人公が現れたことで人生が台無しになってない?

 

まぁ、主人公も破滅の逃亡人生じゃなくて、自首して更生の道を選んだからヒロイン的には良かったってことでいいか。



エドガー・ライト監督作品で一番好きな映

ホットファズ -俺たちスーパーポリスメン!- [Blu-ray]
サイモン・ペッグ
ジェネオン・ユニバーサル
2012-06-20


こちらも逃がし屋が主人公の映画 レビューはこちら

『ドライヴ』Blu-ray【日本語吹替収録版】
ライアン・ゴズリング
バップ
2017-08-02


(感想)チェイサー-目まぐるしいサスペンスチェイス

『チェイサー』


チェイサー

  • 監督 ナ・ホンジン
  • 出演 キム・ユンソク
  •     ハ・ジョンウ
  • 公開年 2008 (韓国)
  • 制作国 韓国

 

元刑事のジュンホ(キム・ユンソク)は今ではデリヘルの経営をしていた。ジュンホはデリヘル女達が失踪する事件に腹を立てていたが、どうもその失踪した女達は一人の客の元に仕事を行った後に消息を絶っている。ジュンホはこの男が女達を売りさばいていると思い、自分の店の女を囮(おとり)に住所を知ろうとするが、街では連続猟奇殺人が発生していて……

 

おもしろい ★★★★☆ (4/5)

 

現在公開中の『哭声 コクソン』が気になったので、ナ・ホンジン監督の作品を見てみました。自分的には韓国映画は『アジョシ』『オールド・ボーイ』くらいしか見ていない韓流映画初心者なのですが、何というか どの韓国映画が良いのか分からないので こういう見るきっかけができたのは僥倖(ぎょうこう)でした。僥倖……!! 圧倒的僥倖……!!!

 

見た感想としては、展開が目まぐるしく変わっていくのがおもしろかった2時間ずっと追跡劇かな→あっさり警察に連行される→まだ解決されない→小さな子供を連れて行くことに→犯人釈放→囮の女の子が脱出して通報→と思ったら…… とかの流れが急激に変わって行く様が楽しい予想を裏切るというよりは予想なんてさせねーぜらいの目まぐるしさでした。

そんな話し運びでしたが、最後のオチはやっぱり韓国映画ってこんなイメージみたいな、暗い終わり方でした。別に嫌いではないのですが。希望とか血縁関係がない『チョコレート・ファイター』みたいだと感じたかなー(この二人がどうなるんだろうなぁと突き放される感じとか)

 

こうなると尚更『哭声 コクソン』も観たくなるなぁ…… 見に行く時間ないけど…… 
同監督の『哀しき獣』も近くのレンタル店にないし、どうやって探そうか……

DVD版です。

チェイサー [DVD]
キム・ユンソク
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2015-12-16


映画自体は全く似てないですが、ラストで何となく連想した一本。
 

(感想)COP CAR コップ・カー-盗んだパトカーで走り出す

COP CAR コップ・カー』


コップ・カー

  • 監督 ジョン・ワッツ
  • 出演 ケヴィン・ベーコン
  •     ジェームズ・フリードソン=ジャクソン
  •     ヘイズ・ウェルフォード
  • 公開年 2015
  • 制作国 アメリカ

 

家出中の少年二人は荒野でパトカーを見つける。二人はそれに乗り、面白半分で運転を始める。そのパトカーに乗っていた保安官も盗難に気付き捜索を開始する。その保安官は とんでもない奴で……

 

ネタバレありです 
 

面白い ★★★★☆ (4/5)

 

想像していた作品とは違いましたが面白かったです。

ジョン・ワッツ監督だと前に『クラウン』を見ていて、今作も気になった次第。(レビューはこちら)

見る前はTHEサイコスリラーみたいな感じで、サイコパスのケヴィン・ベーコンが容赦の欠片もなく、悪ガキ二人を追い詰めていく映画だと思い込んでいたのですが、見てみると結構違ってケヴィン・ベーコンが思いのほか必死。パトカーが盗まれて全力で走ったり、どこの間抜けがパトカーを盗まれたんだ みたいに警察本部に向けてうそぶいたり、自分も車を盗難しようと靴ひもでイライラしながらドアロックを解除したり、見ていて焦ってる焦ってるーみたいな感じで、追い詰められていくのはケヴィン・ベーコンでしたよ(嫌いじゃなく むしろ面白い)。

 

あと子供もそこまで悪ガキだとも思わなかったです。開幕から青春映画みたいな良い雰囲気出してくるので、この映画での印象は 保安官にやられちまえー より 保安官から逃げてー これまた期待とは逆ながら これはこれでOKなんじゃないかと思ったり。

見る前は『ロボコップ2』に出てくるイヤーな悪ガキみたいなキャラを持って来ると考えていたので、悪ガキ感では肩透かしかなーとも思ったのですが、この映画は子役がパトカーを盗んで はしゃぎまくるので、こっちの方が子供らしさが見えて好きかも。

 

その後の展開について、ケヴィン・ベーコンベーコンが始末し損ねた男乱入ババアの三人が一気に倒れた時は、そのあっけなさから、監督前作『クラウン』の子供が残酷な目に遭うシーンは直接カメラに映さない爪の甘さと同じ部分を感じて、この監督は子供に甘くなっちゃうのかなー、とちょっと落胆したのですが、そこからの流れが凄く良かった。子供達のピンチと奮起、そしてベーコン復活からの緊迫感青春映画(ジュブナイル感)とスリラーが上手いこと絡み合ったラストだったと思います。

ブルーレイ版です。

COP CAR/コップ・カー [Blu-ray]
ケヴィン・ベーコン
Happinet(SB)(D)
2016-08-02


ジョン・ワッツ監督作品
クラウン [DVD]
アンディ・パワーズ
バップ
2015-07-03
 

(感想)チョコレートドーナツ-予告から感動させる気満々

『チョコレートドーナツ』


チョコレートドーナツ

  • 監督 トラヴィス・ファイン
  • 出演 アラン・カミング
  •     ギャレット・ディラハント
  •     アイザック・レイヴァ
  • 公開年 2012
  • 制作国 アメリカ

 

1970年代のアメリカ。ゲイバーで働く、踊り子のルディ(アラン・カミング)は育児放棄されたダウン症のマルコ(アイザック・レイヴァ)を保護する。ルディの恋人で弁護士のポール(ギャレット・ディラハント)と共にマルコを育てようとするが、ゲイカップルが親という偏見から世間はマルコと二人を引き離そうとする……

 

ネタバレありです

 

個人的な評価 ★★★★☆ (4/5)

そりゃ、感動するわな

 

予告から感動させる気 満々で気になっていた『チョコレートドーナツ』を見ました。

普通に感動はしましたよ。そりゃあ 泣ける設定テンコ盛りですもの。
 

自分的にこの映画は ルディの気高さを映画にしているなぁと思った。良くも悪くもだけれど。

だからこそルディ役のアラン・カミングが魅力的なのが良かったです。
ナヨッとしたロバート・ダウニー
Jrみたいな顔。歌に力がこもっているのも良かったなー。
調べたら『X-MEN2』のナイトクローラーの人らしい。映画冒頭のホワイトハウスで暴れまわるシーンが格好良かった記憶がある。 
ナイトクローラー
 

ただ主人公の描写に力を入れ過ぎて、他の役をおろそかにしていたかも。恋人のポールはマルコのことを どこまで思っていたのか、ダウン症の子を最後まで面倒みる覚悟がポールにあったのか、その部分が見えなかった。

ダウン症のマルコも愛嬌のある良い子 としか描かれてなかったような…… あまり手の掛かる子供でもなく、周りに順応しているし、ルディ達には法律の壁と世間の目くらいしか子育ての辛さもなく、キレイに描き過ぎではないかと思う。

 

そんなキレイに対して、3人の周りの悪意は汚さ過ぎる。母親もポールの元上司も とことん陰険で悪質。こっち側の言い分については何も描かれない。ただ悪役として登場して、ルディ達3人の株を上げるために出てきたみたいだった。

 

物語終盤「マルコが死にました」という手紙には驚いたし、容赦なく観客を突き放すなぁ と思った。だからこそ印象には残る。それでも 手紙を受け取った側が みんな感慨深げな顔して手紙を読んでいる画は、ほら やっぱりルディは正しかったでしょうみたいな 押しつけがましさが見えて嫌だった。

ただルディとポールの ちっぽけな幸せが ようやく手に入って、それから奪われたとすれば、まぁ 感動はするよね 結局あの3人がきれいすぎて、周りが悪人過ぎた。結果的にルディの気高さが前に出て、綺麗なのだけれども  どこか作り物っぽく感じた

 

大切な人が死んだら、そりゃ泣くだろうってそんな映画。とはいっても、役者もよかったし、評価できないわけではなくて。

ささのさ が捻くれているのでこんな感じになってしまいましたが、賞はいっぱい受賞している訳で、やっぱりおすすめです。

アマゾンビデオ版です。



アラン・カミングの出演作。印象がだいぶ違う。
X-MEN2 [Blu-ray]
ヒュー・ジャックマン
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2013-09-04


 

ギャラリー
  • (感想)俳優 亀岡拓次-恋愛パートをそっちのけでレビューした結果
  • (感想)俳優 亀岡拓次-恋愛パートをそっちのけでレビューした結果
  • (感想)俳優 亀岡拓次-恋愛パートをそっちのけでレビューした結果
  • (感想)俳優 亀岡拓次-恋愛パートをそっちのけでレビューした結果
  • (感想)俳優 亀岡拓次-恋愛パートをそっちのけでレビューした結果
  • (感想)俳優 亀岡拓次-恋愛パートをそっちのけでレビューした結果
  • (感想)俳優 亀岡拓次-恋愛パートをそっちのけでレビューした結果
  • (感想)俳優 亀岡拓次-恋愛パートをそっちのけでレビューした結果
  • (感想)俳優 亀岡拓次-恋愛パートをそっちのけでレビューした結果