ささのさ散々

自分がお嬢様JDなのかお嬢様DJなのか分からなくなってきた 妄想にとらわれる美しき女人の映画乱視ブログ!!

★★★★★

(感想)アバウト・シュミット-孤独な余生の過ごし方

『アバウト・シュミット』


アバウト・シュミット
 

  • 監督 アレクサンダー・ペイン
  • 出演 ジャック・ニコルソン
  • 公開年 2002
  • 制作国 日本

 

保険会社で働いているウォーレン・シュミット(ジャック・ニコルソン)は、ついに定年退職となった。新しい生活が始まるも、上手く行かないシュミット。アフリカの子供達に援助を送ったりしている中、妻が急死。死後に妻の裏切りを知り、結婚間近の娘には相手にされず……  シュミットは結婚式までキャンピングカーで旅に出る。

 

ネタバレありです

 

個人的な評価 ★★★★★ (5/5)

痛々しくも意味のある人生

 

ジャック・ニコルソンは年とっても最高ですね。

『カッコーの巣の上で』も『バットマン』のジョーカーもイケメンではないけど、魅力のある顔をしているイメージ。

 

この映画も ジャック・ニコルソンじゃなきゃ、感動しなかったかもしれないと思った。格好良すぎないし、愛らしさもあるし、でも過去の威厳は感じられたし、痛々しいシーンには哀愁を感じた。良バランス

 

キャンピングカーでの人妻にいきなりキスして、ビンタされるところが、一つ前に見た『ドライヴ』と比べてしまって、思わず吹いてしまいました。

ぶち壊そうとしていた娘の結婚式でも、現実に飲まれてハッタリのスピーチをやってしまったり、一人の男の哀れな部分をまざまざと見させられる映画でした。

 

この映画の一番の肝であるラストシーンは、捻くれ者の自分には、何ともおべっかを感じ得ずにはいられない所を、ジャック・ニコルソンの演技力で無理矢理にでも感動させられるシーンでした。

しかし一人の哀れな男が、自分の人生を象徴させる物を ようやく手に入れて、その人が無理矢理にでも自分の人生の象徴にしているのだから、シュミットも必死だった。なので無理矢理にでも感動させるくらいが丁度良いと思う
 

「人生に意味はあったなシュミット」とか言ってやりたくなった。

Amazonビデオ版です

アバウト・シュミット(字幕版)
ジャック・ニコルソン
2015-03-15


こちらもオススメ
最高の人生の見つけ方 (字幕版)
ジャック・ニコルソン
2013-11-26

 

(感想)GONIN-襲撃と報復で二度痺れる

GONIN

 
GONIN
 

  • 監督 石井
  • 出演 佐藤 浩市
  •    本木 雅弘
  •    根津 甚八
  •    竹中 直人
  •    椎名 桔平
  •    ビートたけし
  • 公開年 1995
  • 制作国 日本

 

負け組アウトロー5人組は暴力団の事務所から、大金を奪う作戦を実行する。強盗には成功したが、暴力団はヒットマンの二人組を雇い、彼らを追い詰めていく……

 

ネタバレありです

  

やけにホモい。でもアクションは最高!


個人評価 ★★★★★ (5/5)
 

去年 本作の続編である『GONIN サーガ』が公開されて、その時に『GONIN』を見ていなかったのでスルーしていたのですが、今になって視聴してみました。

想像以上におもしろかったです。

主演の役者陣が全員異様な存在感が放って、どの場面も緊張感がある。始めはキャラが薄いかなぁ、と思っていた椎名桔平も拷問後のボコボコになった姿は妙な存在感を醸し出していて良かった。 
主要人物があっけなく死ぬところも好き。ピカレスク
(悪漢)ものは散る姿があっけない程、それまでの悪行が引き立つので、『GONIN』はそこのストライクゾーンに入った作品でした。殺し方も容赦がなく、元刑事の妻子でさえ慈悲もなく殺されるので、見ていて最高にいやーな気持になれる

 

気になったのは、やけにホモい展開。この映画は2組もホモカップルができている。映画序盤で本木雅弘が佐藤浩市の前でシャワーを浴びるから目の前で全裸になるシーン。わざわざ目の前で脱ぐのが何だかホモっぽい と思っていたのですが、案の定 ホモカップルになる。しかも敵方であるヒットマン二人組もホモカップル。そこが何か できすぎの感じがある。

ホモ描写も直接的で、普通にキスシーンを写したり、ビートたけしが相棒と(竹中直人宅で)セックスしようとしたり、このシーンが必要かどうかというより、下衆いシーンだなぁと思っていました。

 

ラストシーンのバス内での一幕でも、硝煙の匂いで何か気づくだろうとか、他にもツッコミどころがあったりするのだが、それを上回るぐらいの役者の説得力があった。気付かないところで凄いことが起こっているシチュエーション自体は大好きだし。


とにかく、おもしろかった満足!!

ブルーレイ版です



(感想)帰ってきたヒトラー-まるで待ってたかのような

帰ってきたヒトラー


帰ってきたヒトラー 

  • 監督 デヴィット・ヴェント
  • 出演 オリヴァー・マスッチ
  •    ファビアン・ブッシュ
  • 公開年 2015(ドイツ)  2016(日本)
  • 制作国 ドイツ

 

2014年のドイツにタイムスリップしたヒトラーは、TV局をクビになったサヴァツキと共に、ドイツ中をヒトラーの格好でインタビューしていく旅に出た。ネットにアップされたその映像は瞬く間に反響を呼び、ついにモノマネ芸人としてTVデビューまでする。彼は人気者になっていくが、かつての野望の火は消えていなかった……

 

ネタバレありです

 

個人評価 ★★★★★ (5/5)

 

うわー 他国事じゃない…

 

おもしろかったけど、怖いなぁ。

移民を100%信用しろってのも不安だし、それを世間じゃ言いにくいのもあるからなぁ。国民が右傾向だからこそヒトラーのような人が求められるのが、すごく分かりやすく伝わる。

 

仕込みと本物が混じったインタビューもおもしろい。

こういうのは『ボラット』の似非アフガニスタン人でも見たけど、おっかなびっくり な感じで見ちゃうドキドキ感と、ヒトラーが普通に画面にいる変な感じが良かった

 

終盤は何か、劇中劇の三文芝居を見せつけられましたけど、これも もっと未来の着地点で終わって欲しかったという自分の願望が ラストにケチをつけたい感情になっているのかもしれません。

最後のヒトラーが「好機到来」と言ったところは鳥肌が立ってすごい。

 

『ズートピア(レビュー)』を見た後に、続けてみたせいでキツイ。

この世の中 綺麗事だけでは 全員が納得いくことはないよなぁ。

表面上とその周辺だけは仲良く行くんだけど、そこから先が難しい。

ブルーレイ版です



パロディシーンは爆笑したけど、この映画自体は傑作
ヒトラー ~最期の12日間~ Blu-ray
ブルーノ・ガンツ
TCエンタテインメント
2012-09-05


 

(感想)デッドプール-蜘蛛男?変態仮面?その正体は!!

デッドプール

 デッドプール
 

  • 監督 ティム・ミラー
  • 出演 ライアン・レイノルズ
  •    モリーナ・バッカリン
  • 公開年 2016
  • 制作国 アメリカ

 

元特殊部隊のウェイドはガン治療のために人体実験を受ける。その結果、主人公は不死身の再生能力を身に着けることになるが、代わりに全身が焼け爛れたようになってしまう……。

これでは彼女と再会することもできない。マスクとスーツを揃え、自信をデッドプールと名乗り始めた彼は、人体実験を行ったフランシスに顔を戻させるために復讐を始める!!

 

個人評価 ★★★★★ (5/5)

 

ネタバレあり

メタネタ・パロディの解説は特になし(他サイト様 の方が詳しいので)

 

おもしろい!!

 

そんなに長いアクションシーンが連発するわけでもないのですが、話しが進むにつれてテンションが どんどん上がって行きました。 キャラが魅力的だったのもあって、終わった後に名残惜しい、続きが見たいと思った映画でした。

 

デッドプールは喜怒哀楽がすごく分かりやすい。

だからデッドプールのテンションが そのまま自分のテンションに重なっていく感じ。デッドプールのおかしなテンションだから頭の中でドーパミンがドバドバ出てくる。

やってることが、道徳的じゃないから テンションが上がる上がる。整氷車で轢き殺そうとするシーンと直後にある性差別の云々のシーンは特に心躍るシーンだった。

 

相棒ポジションみたいな酒場の店主が「(敵地に)行くべきなんだろうけど、行きたくない」のセリフもツボにきた。

 

結構気になったのが、ネガソニック役のブリアナ・ヒルデブランドちゃん。

見る前は どんな不良娘かと思っていたら、かなり可愛いキャラ。
ネガソニック
 
  

スーパーヒーロー着地の時の鬱陶しがる姿が可愛い。能力はイマイチよく分からなかったけど (爆発でいいの?)

X-MENには疎いので、体育教師に金属塗装したみたいなコロッサスの能力もよく分からなかった。鋼鉄なのに首絞められて苦しがっていたり、強いんだが弱いんだか。

いかにもCGみたいなコロッサスでしたが、それが逆に この映画には 嵌ってたのかもなー、と思った感じ。

 

見る前は もっと滅茶苦茶な映画だと思ってたら、結構きれいに終わった映画でした。
画面は綺麗って訳でもないですが。

ブルーレイ版と良サントラ

DEADPOOL
20th Century Fox
2016

デッドプール オリジナル・サウンドトラック
サントラ
ワーナーミュージック・ジャパン
2016-05-25


何となく思い出した映画(新作だとスパイダーマンパロってるけど)。
パンティーの脚通す部分とか眼が白一色なところとか。
HK/変態仮面 [DVD]
鈴木亮平
TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
2016-04-13

 
ギャラリー
  • (感想)俳優 亀岡拓次-恋愛パートをそっちのけでレビューした結果
  • (感想)俳優 亀岡拓次-恋愛パートをそっちのけでレビューした結果
  • (感想)俳優 亀岡拓次-恋愛パートをそっちのけでレビューした結果
  • (感想)俳優 亀岡拓次-恋愛パートをそっちのけでレビューした結果
  • (感想)俳優 亀岡拓次-恋愛パートをそっちのけでレビューした結果
  • (感想)俳優 亀岡拓次-恋愛パートをそっちのけでレビューした結果
  • (感想)俳優 亀岡拓次-恋愛パートをそっちのけでレビューした結果
  • (感想)俳優 亀岡拓次-恋愛パートをそっちのけでレビューした結果
  • (感想)俳優 亀岡拓次-恋愛パートをそっちのけでレビューした結果