ささのさ散々

自分がお嬢様JDなのかお嬢様DJなのか分からなくなってきた 妄想にとらわれる美しき女人の映画乱視ブログ!!

映画DVD

(感想)クリーピー偽りの隣人-サイコパスvsバカ

『クリーピー 偽りの隣人』

クリーピー
 

  • 監督 黒沢
  • 出演 西島 秀俊
  •      竹内 結子
  •      香川 照之
  • 公開年 2016
  • 制作国 日本
  • 原作 『クリーピー』著・前川裕 

 捜査一課だった高倉幸一は ある事件で警察を辞め、大学で犯罪心理学を教えることにした。そのため新居に越してきたのだが、隣人家族の父親は妙な男だった 。高倉は新生活を送る中、興味本位で過去の事件を追っていく内に明らかになったのは……

 

 

<前置き>原作は未読です。黒沢清監督作品も『クリーピー偽りの隣人』が初めてになります。そのような訳で原作・監督 双方のファンのディープな見方というものを知らないので、こいつ分かってないみたいな ささのさのトンチンカンな感想が気になる方には申し訳ないです。

ネタバレありです。

 

評価 ★★★☆☆ (3/5)

 

雰囲気の良さはあるものの、と思ったところもありましたな。

 

物語冒頭。最初に出てくるモブのサイコパスが芝居がかっていて気持ちがダダ下がりでしたぞ。主人公も俺は心理学があるから大丈夫みたいな感じで、逃走したモブ犯人の前に躍り出た挙句刺されるからもしやこの男バカなんじゃないかと思ってしまったり。ただ香川照之が演じるサイコパスが出てきてから持ち直してきましたぞ。現実で出会うと厄介な感じがビンビンしますな。隣人だから完全に避けようにも無理な感じとか、むしろ主人公の家庭にまで侵されてしまっている手遅れな感じとか最高でしたぞ。

 

主人公たちが住んでいる街並みがどこにでもあるような場所なので、本当に起こり得そうな雰囲気についてはかなり良かったのですが、途中途中おかしいと思う箇所がありまして、主人公の嫁である竹内結子がお隣さんのことを嫌だと思っていたはずなのに、お隣さんへシチューを持って行くとか、普通の家にはなさそうな地下室とか、隣人が他人を操るために使っていた薬(麻薬?)の強力過ぎる威力とか、一体あの薬はどこで手に入れたのかだとか、サイコパス香川がシチュー嫁を籠絡させた手練手管をきちんと見せないとか、警察があまりにも無能だったり、犯人側に都合が良すぎではなかろうか。まぁホラーだからこれくらいのパワーバランスでも仕方がなかったのですかな?

 

とはいえ、主人公と笹野高史が演じる刑事が隣人宅に赴くシーンで、この後も主人公は散々な目に遭わせられるんだろうなー、と重い気持ちにさせてくれる所は良くできていましたぞ。

 

そんなこんなでやってきた。主人公vsサイコパス香川の相対シーン。連れ去られたシチュー嫁を助けるまでは良かったものの、その後は逃げようともせずサイコパス香川に対して撃てねぇんだろとバカにするように責めて、その結果嫁に裏切られて眠らされてしまうシーン。この主人公冒頭で刺されてから何も学習しておりませんな。やはりバカかと。犯罪者を自分より下に見てバカを見るタイプですな。

そんな訳で個人的に最後の最後で香川に一矢を報いた時も、主人公は格好つけている感じで気に食わなかったですぞ。貴様本当はバカのくせに、せめてもっとバカを見てボロボロになっていろよと。映画が終わったとしても、主人公はまた同じ轍を踏みそうだと思いましたぞ。

そんなんでしたがラストカットのシチュー嫁である竹内結子による慟哭は心に来るものがあって良かったと思いますぞ(´;ω;`) あれだけのことがありながら、まだ嫁を捨てずにいられる所に関しては主人公の美点が見えたし。

 

イヤーな感じのする雰囲気はかなり良かったので、細かい所は無視できるならかなり面白い映画だと思いますぞ。

 
Amazonビデオ版です



原作版です
クリーピー (光文社文庫)
前川 裕
光文社
2014-03-12

(感想)チェイサー-目まぐるしいサスペンスチェイス

『チェイサー』


チェイサー

  • 監督 ナ・ホンジン
  • 出演 キム・ユンソク
  •     ハ・ジョンウ
  • 公開年 2008 (韓国)
  • 制作国 韓国

 

元刑事のジュンホ(キム・ユンソク)は今ではデリヘルの経営をしていた。ジュンホはデリヘル女達が失踪する事件に腹を立てていたが、どうもその失踪した女達は一人の客の元に仕事を行った後に消息を絶っている。ジュンホはこの男が女達を売りさばいていると思い、自分の店の女を囮(おとり)に住所を知ろうとするが、街では連続猟奇殺人が発生していて……

 

おもしろい ★★★★☆ (4/5)

 

現在公開中の『哭声 コクソン』が気になったので、ナ・ホンジン監督の作品を見てみました。自分的には韓国映画は『アジョシ』『オールド・ボーイ』くらいしか見ていない韓流映画初心者なのですが、何というか どの韓国映画が良いのか分からないので こういう見るきっかけができたのは僥倖(ぎょうこう)でした。僥倖……!! 圧倒的僥倖……!!!

 

見た感想としては、展開が目まぐるしく変わっていくのがおもしろかった2時間ずっと追跡劇かな→あっさり警察に連行される→まだ解決されない→小さな子供を連れて行くことに→犯人釈放→囮の女の子が脱出して通報→と思ったら…… とかの流れが急激に変わって行く様が楽しい予想を裏切るというよりは予想なんてさせねーぜらいの目まぐるしさでした。

そんな話し運びでしたが、最後のオチはやっぱり韓国映画ってこんなイメージみたいな、暗い終わり方でした。別に嫌いではないのですが。希望とか血縁関係がない『チョコレート・ファイター』みたいだと感じたかなー(この二人がどうなるんだろうなぁと突き放される感じとか)

 

こうなると尚更『哭声 コクソン』も観たくなるなぁ…… 見に行く時間ないけど…… 
同監督の『哀しき獣』も近くのレンタル店にないし、どうやって探そうか……

DVD版です。

チェイサー [DVD]
キム・ユンソク
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2015-12-16


映画自体は全く似てないですが、ラストで何となく連想した一本。
 

(感想)ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲

『ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲(ラプソディ)


ホワイトゴッド 

  • 監督 コルネル・ムンドルッツォ
  • 出演 ジョーフィア・プソッタ
  • 公開年 2014
  • 制作国 ハンガリー、ドイツ、スウェーデン

 

13歳のリリが新しくやって来た街では雑種犬に重税が掛かることになっていた。そのためにリリの父はリリが大切にしていた雑種犬ハーゲンを捨ててしまう。リリはハーゲンを必死で探すが、ハーゲンは人間に虐げられて行くことになる。そして犬たちによる逆襲が始まろうとしていた……

 

ネタバレありです。

 

頑張ってる映画 ★★★☆☆ (3/5)

 

この映画は何も情報もないまま、レンタルビデオ店にあったPOPの「犬達による人間への復讐劇」みたいな一文だけでレンタルしてしまった一本です。
個人的に古川日出男さんの『ベルカ、吠えないのか
?』という小説が大好きなので、この犬が怖そうな感じの設定にはビビッとくるものがありました。
ベルカ、吠えないのか 

見た感想としては、アラも多いけど見所もあった というような感じ。CGなしで どう撮影したのか気になるくらいの映像の頑張りは見えます。

 

この映画の評価できる所は「実写だと犬好きやら動物愛護団体に遠慮しちゃうんじゃ……」といった不安要素を ここまで やっちゃうんだ」と思わせてくれる点。グロ映画程の迫力はないけど、犬の強面を引き出せているのが凄い。

特にハーゲンが闘犬に仕立て上げられる場面実際に戦う場面が見物。その後 犬が反旗を翻した後の犬タックルは、改めて犬って人間より強いんだよなぁ と思わせてくれる(街の皆がパニックになり過ぎている感じはあったけれど)

 

ただ主人公サイドのストーリーは そんなに好きではなかったです。リリちゃんがハーゲンを探している場面が冗長な所と 大オチでリリちゃんが楽器を吹く→犬が全員おとなしくなって解決 という雑な落とし方が気に入らない。この大オチの場面でリリちゃんの父は火炎放射器を遠目に発射していましたが、これで犬と勝負できなかったのは残念(ここが限界か)

ただ個人的にリリちゃんのタンクトップ姿がドストライクだったのと、リリ父が娘の補導をきっかけに娘と再度向き合う場面は心にグッとくるものがあったかな。

 

だからこそリリ父が最後 火炎放射器で暴走する犬と闘かわないのが残念……(ならアクション映画を見ろって話ですが)

DVD版です。

ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲(ラプソディ) [DVD]
ジョーフィア・プショッタ
TCエンタテインメント
2016-07-06


おすすめ犬小説(犬が可愛いというより格好良い・怖い系)。
ベルカ、吠えないのか? (文春文庫)
古川 日出男
文藝春秋
2008-05-09

 

(感想)COP CAR コップ・カー-盗んだパトカーで走り出す

COP CAR コップ・カー』


コップ・カー

  • 監督 ジョン・ワッツ
  • 出演 ケヴィン・ベーコン
  •     ジェームズ・フリードソン=ジャクソン
  •     ヘイズ・ウェルフォード
  • 公開年 2015
  • 制作国 アメリカ

 

家出中の少年二人は荒野でパトカーを見つける。二人はそれに乗り、面白半分で運転を始める。そのパトカーに乗っていた保安官も盗難に気付き捜索を開始する。その保安官は とんでもない奴で……

 

ネタバレありです 
 

面白い ★★★★☆ (4/5)

 

想像していた作品とは違いましたが面白かったです。

ジョン・ワッツ監督だと前に『クラウン』を見ていて、今作も気になった次第。(レビューはこちら)

見る前はTHEサイコスリラーみたいな感じで、サイコパスのケヴィン・ベーコンが容赦の欠片もなく、悪ガキ二人を追い詰めていく映画だと思い込んでいたのですが、見てみると結構違ってケヴィン・ベーコンが思いのほか必死。パトカーが盗まれて全力で走ったり、どこの間抜けがパトカーを盗まれたんだ みたいに警察本部に向けてうそぶいたり、自分も車を盗難しようと靴ひもでイライラしながらドアロックを解除したり、見ていて焦ってる焦ってるーみたいな感じで、追い詰められていくのはケヴィン・ベーコンでしたよ(嫌いじゃなく むしろ面白い)。

 

あと子供もそこまで悪ガキだとも思わなかったです。開幕から青春映画みたいな良い雰囲気出してくるので、この映画での印象は 保安官にやられちまえー より 保安官から逃げてー これまた期待とは逆ながら これはこれでOKなんじゃないかと思ったり。

見る前は『ロボコップ2』に出てくるイヤーな悪ガキみたいなキャラを持って来ると考えていたので、悪ガキ感では肩透かしかなーとも思ったのですが、この映画は子役がパトカーを盗んで はしゃぎまくるので、こっちの方が子供らしさが見えて好きかも。

 

その後の展開について、ケヴィン・ベーコンベーコンが始末し損ねた男乱入ババアの三人が一気に倒れた時は、そのあっけなさから、監督前作『クラウン』の子供が残酷な目に遭うシーンは直接カメラに映さない爪の甘さと同じ部分を感じて、この監督は子供に甘くなっちゃうのかなー、とちょっと落胆したのですが、そこからの流れが凄く良かった。子供達のピンチと奮起、そしてベーコン復活からの緊迫感青春映画(ジュブナイル感)とスリラーが上手いこと絡み合ったラストだったと思います。

ブルーレイ版です。

COP CAR/コップ・カー [Blu-ray]
ケヴィン・ベーコン
Happinet(SB)(D)
2016-08-02


ジョン・ワッツ監督作品
クラウン [DVD]
アンディ・パワーズ
バップ
2015-07-03
 

(感想)スーサイド・スクワッド-本当の捨て駒は…

『スーサイド・スクワッド』


スーサイド・スクワッド

  • 監督 デヴィッド・エアー
  • 出演 ウィル・スミス
  •     マーゴット・ロビー
  •     ジャレッド・レト
  • 公開年 2016
  • 制作国 アメリカ


『バットマン vs スーパーマン』でスーパーマンが死んだ。政府は新たなる脅威に備え、刑務所に服役中の悪役(ヴィラン)で構成した特殊部隊<スーサイド・スクワッド>を結成させる。そしてアメリカでは魔女<エンチャントレス>が暴れ始め、捨て駒のスーサイド・スクワッドが解き放たれる……

 

ネタバレありです

 

個人的な評価 ★★☆☆☆ (2/5)

誰がヒーローだったのか…… 

 

とにかく評判が悪いもので見る機会を延ばしていた本作、これだけは面白いと言われる予告編を何度も見ているうちに、やっぱり本編も見たくなっちゃたので、期待値をかなり下げて視聴しました。まぁそれでも予告編の方が面白かったです。

 

全体的にテンポが悪いウィル・スミス前に出過ぎジャレッド・レト出番なさ過ぎ思っていたよりヒャッハーしていない、というのが残念な所。何か撮影の段階でゴタゴタがあったらしいですが、一人のキャラに割くバランスがおかしいように思えましたね。

妄想だけどウィル・スミスが俺が出るなら、こんくらい目立って、善人にしか見えなきゃ嫌だって文句付けたんじゃないかって、勘繰ってしまうレベル(そんなソースはありませんが)。正直そんなキャラ設定は他の映画でお腹いっぱい。

ささのさ的には元々デヴィッド・エアー監督作品はちょっと苦手で、『フューリー』でも積み重ねた展開が最後にB級映画のようなドンパチになるのが好きじゃなくて、『エンド・オブ・ウォッチ』でも最後のドンパチがやっぱり苦手だったりする。良く言えば映画の盛り上がり所だけど、それまでの作風からガラッと印象が変わるので そんなに好きじゃない。

ただこの映画では、それが良い方向に動いて、どこかで囚人達のタガが外れて派手にヒャッハーな感じで暴れまわってくれるんじゃないかと期待していたんですが、結局はみんな良い子ちゃんチームで終わったので残念。
何よりモブ兵士達が可哀そうで キャラ付けもされず、捨て駒の部隊に据えられてもなお、
任務を遂行するために奮闘して 死んでいく彼らの本当の捨て駒っぷりよ。

 

総評マーゴット・ロビー可愛い。どこでも見る まとめ方ですが確かな求心力です。
散った名もなきモブ兵士達に敬礼!!

ブルーレイ版です。

スーサイド・スクワッド ブルーレイ&amp;DVDセット(初回仕様/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]
ウィル・スミス
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2016-12-21


マーゴット・ロビーのエッチでもない入浴シーンが見られる映画(レビューはこちら


 

ギャラリー
  • (感想)俳優 亀岡拓次-恋愛パートをそっちのけでレビューした結果
  • (感想)俳優 亀岡拓次-恋愛パートをそっちのけでレビューした結果
  • (感想)俳優 亀岡拓次-恋愛パートをそっちのけでレビューした結果
  • (感想)俳優 亀岡拓次-恋愛パートをそっちのけでレビューした結果
  • (感想)俳優 亀岡拓次-恋愛パートをそっちのけでレビューした結果
  • (感想)俳優 亀岡拓次-恋愛パートをそっちのけでレビューした結果
  • (感想)俳優 亀岡拓次-恋愛パートをそっちのけでレビューした結果
  • (感想)俳優 亀岡拓次-恋愛パートをそっちのけでレビューした結果
  • (感想)俳優 亀岡拓次-恋愛パートをそっちのけでレビューした結果