※注意 映画の内容に関するネタバレがあります。



数々の脇役をこなしてきた俳優 安田顕の映画初主演作品。

その記念すべき作品の役柄とは……



脇役



俳優 亀岡拓次
キービジュアル
監督 横浜 聡子
出演 安田 顕
    麻生 久美子
公開 2016年
オススメ度 ★★☆☆☆(2/5)

亀岡拓次は脇役しか仕事がない俳優(映画公式サイトのストーリーページでカメタクとか呼ばれているのは皮肉ですか?)

しかし「現場に奇跡をもたらす男」として業界人に評判の男という設定

劇中で演じられるのはチンピラ役とか
1

ホームレスとか
7

時代劇のやられ役とか
4

これは別作品だけど
HK
(『HK変態仮面』より)

演じている安田顕さんよりインパクトのない亀岡拓司が何故「現場に奇跡をもたらす男」などと呼ばれているのか?



答えは目を飛び出すことができるからだ
3

……ギャグ映画でしたの?

というのは置いておきましょう。映画を最後まで見ましたが、主役の亀岡拓次をすごいとか感心できるような奇跡は起こりませんでした。監督はろくにすごい部分を見せようとしないんですもの。

昔出ていたカルト映画を褒められるシーン
10-3
10-1
10-2

こういうカルト映画で異彩を放つ俳優……すごい好きです❤

でもセリフだけで実際に猫ゾンビになっているシーンは映らないから肩透かし感がありましてよ。



安田顕を主役に据えるなら、そのシーンを撮れませんでしたの?
HK2

他にも海外のすごい監督から過去作を褒められる亀岡拓次
11
11-2
11-3
11-4

ここでもセリフだけで「まさに闇」を体現した映像はないです。

しかし、それでも安田顕の体当たりシーンがない訳ではありませんの。
安田顕 オムツ

オムツを履いて一目ぼれしたヒロインに会いにいくシーン。ヒロインへの恋心を自覚する流れは唐突過ぎて呆然ものでしたが、「今度はオムツ履いて会いに来ます」という冗談を言っておいてからの、本当に履いて会いに行く流れは、予想はできる展開ではあるものの、個人的にはグッとくるシチュエーションでしたわ。

恋愛パートが気になる方は本編を見ましょう。白ニット姿の麻生久美子さんは美しいと思いました。
ヒロイン

物語のラストでは亀岡拓次が海外デビューを果たします!!

撮影が始まり、水瓶を頭に乗せながら砂漠を歩き始める主人公……
6-0

かと思えば、唐突に挟まれるヒロインのカット
唐突のヒロインカッと

次に場面転換したときには撮影は終了している模様

監督からの評価は
6
6-2

きっとカットされた部分では、私たちがアッと驚くほどの奇跡をもたらしていたのでしょう!!  

まさにこの状態……
月刊少女野崎くん
(『月刊少女野崎くん』より)

ヒロインのカットを挿入せずに、あのまま亀岡拓次が歩いているシーンを撮っていたとしても、監督の褒め言葉通りの映像が撮れていたとは思えないかもしれませんが…… 見せないのも不誠実じゃなくって……




それにしても安田顕さんも2018年に公開する映画では主演作品が2本もあるのですから(『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています』と『愛しのアイリーン』)、女性人気も相当な高まっていると思いますの。ここは流行に乗っかって安田顕好きの女子とお家でDVDデートなんかする際にはオススメなのではないかと思う次第です。

オチ
オチ2
オチ3


この映画はお家でDVDデートにオススメです❤


俳優 亀岡拓次 DVD(通常版)
安田顕
アミューズ
2016-08-24



HK/変態仮面 [DVD]
鈴木亮平
TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
2016-04-13