ベイビー・ドライバー 

ベイビードライバー

  • 監督 エドガー・ライト
  • 出演 アンセル・エルゴート
         ケヴィン・スペイシー
         ジョン・ハム
         ジェイミー・フォックス
         リリー・ジェームズ
  • 公開年 2017

 

ネタバレあります。


★★★★☆ 4/5
 

前評判通り、そこまでカーアクション場面が大量という訳でもなかったです。もともと自分は、ガッツリ系のカーアクション映画 (例:ワイルド・スピード)にそこまで熱をあげていないのと、ドラマ部分が面白かったので十分楽しめました。

 

冒頭のツカミが良くて、

映画はじまってスグの強盗シーンで、車で待機する主人公が音楽を聴いてノリノリになっているところ。あのシーンを見てると、この映画のノリが伝わってくる気がします。

でも一瞬、主人公がチラッと強盗中の光景を見てビビってるところが、後々の不安を予感させて期待値が上がりましたね。

 

主人公が天才ドライバーなのに、支配されている側にいるのが悲しい。

ただそこが終盤に効いてくる。郵便局強盗から怒涛の展開が始まって、主人公の暴走がいかにも手放し運転で暴れている感じがあってハラハラした。あそこまで無謀にならなくちゃ、ドライブテクがあってもひ弱な主人公が、あのケヴィン・スペイシーとかあのジェイミー・フォックスやらの支配からは逃げられなかったんだろうな、と考えるとひとり納得。ライアン・ゴズリング主演の『ドライヴ』みたいなスマートな逆襲とかされたら、それこそ萎えたと思う。『ベイビー・ドライバー』は今までスマートに振舞おうとして、実はスマートでもなんでもない年相応のベイビーが、何とか現状から逃れようと自分でもコントロールできない暴走をしてしまうのが良いんじゃないと思いました。映画自体はノリノリな音楽とテンポの良い編集でそんな重さを感じさせないのも良いですね。

 

気になったところは、ケヴィン・スペイシーの心変わりするところが、ちょっと唐突過ぎて「これで国外まではいけるだろう」とか言って渡したカバンに罠でもあるんじゃないかと疑ってしまうくらいには突然だったこと(いや、女ができたくらいでソコまで優しくするかと)

あとリリー・ジェームズ演じるヒロインが可哀相に思えてくること。もしヒロインが親に虐待されているとか、今すぐにでも街を出た方が良い理由があるなら別だけど、ヒロインものすごく平和に生きてますやんか。そこに主人公が現れたことで人生が台無しになってない?

 

まぁ、主人公も破滅の逃亡人生じゃなくて、自首して更生の道を選んだからヒロイン的には良かったってことでいいか。



エドガー・ライト監督作品で一番好きな映

ホットファズ -俺たちスーパーポリスメン!- [Blu-ray]
サイモン・ペッグ
ジェネオン・ユニバーサル
2012-06-20


こちらも逃がし屋が主人公の映画 レビューはこちら

『ドライヴ』Blu-ray【日本語吹替収録版】
ライアン・ゴズリング
バップ
2017-08-02