ささのさ散々

自分がお嬢様JDなのかお嬢様DJなのか分からなくなってきた 妄想にとらわれる美しき女人の映画乱視ブログ!!

2016年12月

(感想)デッドプール-蜘蛛男?変態仮面?その正体は!!

デッドプール

 デッドプール
 

  • 監督 ティム・ミラー
  • 出演 ライアン・レイノルズ
  •    モリーナ・バッカリン
  • 公開年 2016
  • 制作国 アメリカ

 

元特殊部隊のウェイドはガン治療のために人体実験を受ける。その結果、主人公は不死身の再生能力を身に着けることになるが、代わりに全身が焼け爛れたようになってしまう……。

これでは彼女と再会することもできない。マスクとスーツを揃え、自信をデッドプールと名乗り始めた彼は、人体実験を行ったフランシスに顔を戻させるために復讐を始める!!

 

個人評価 ★★★★★ (5/5)

 

ネタバレあり

メタネタ・パロディの解説は特になし(他サイト様 の方が詳しいので)

 

おもしろい!!

 

そんなに長いアクションシーンが連発するわけでもないのですが、話しが進むにつれてテンションが どんどん上がって行きました。 キャラが魅力的だったのもあって、終わった後に名残惜しい、続きが見たいと思った映画でした。

 

デッドプールは喜怒哀楽がすごく分かりやすい。

だからデッドプールのテンションが そのまま自分のテンションに重なっていく感じ。デッドプールのおかしなテンションだから頭の中でドーパミンがドバドバ出てくる。

やってることが、道徳的じゃないから テンションが上がる上がる。整氷車で轢き殺そうとするシーンと直後にある性差別の云々のシーンは特に心躍るシーンだった。

 

相棒ポジションみたいな酒場の店主が「(敵地に)行くべきなんだろうけど、行きたくない」のセリフもツボにきた。

 

結構気になったのが、ネガソニック役のブリアナ・ヒルデブランドちゃん。

見る前は どんな不良娘かと思っていたら、かなり可愛いキャラ。
ネガソニック
 
  

スーパーヒーロー着地の時の鬱陶しがる姿が可愛い。能力はイマイチよく分からなかったけど (爆発でいいの?)

X-MENには疎いので、体育教師に金属塗装したみたいなコロッサスの能力もよく分からなかった。鋼鉄なのに首絞められて苦しがっていたり、強いんだが弱いんだか。

いかにもCGみたいなコロッサスでしたが、それが逆に この映画には 嵌ってたのかもなー、と思った感じ。

 

見る前は もっと滅茶苦茶な映画だと思ってたら、結構きれいに終わった映画でした。
画面は綺麗って訳でもないですが。

ブルーレイ版と良サントラ

DEADPOOL
20th Century Fox
2016

デッドプール オリジナル・サウンドトラック
サントラ
ワーナーミュージック・ジャパン
2016-05-25


何となく思い出した映画(新作だとスパイダーマンパロってるけど)。
パンティーの脚通す部分とか眼が白一色なところとか。
HK/変態仮面 [DVD]
鈴木亮平
TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
2016-04-13

 

(感想)クラウン-パパは子どもを見るとお腹が鳴っちゃうの

クラウン


クラウン
 

  • 監督 ジョン・ワッツ
  • 出演 アンディ・パワーズ
  •    ローラ・アレン
  • 公開年 2014
  • 制作国 アメリカ・カナダ

 

子供の誕生日にピエロの衣装を着たお父さん。ところがその衣装は曰く付き(いわくつき)で、肌と同化し 脱げなくなってしまう。しだいに心まで「クラウン」に乗っ取られ始めたお父さんは、子供たちを むさぼり 始める……

 

個人評価 ★★★☆☆ (3/5)

 

憐れな道化お父さん……

 

ネタバレありです

嘘予告から本当に映画化されたらしい本作。

ジャケットが何か ダークナイト』のジョーカー みたいで格好良いと思っての視聴でした。本編ではそこまでキメ顔じゃあないですけど、もっと進化した姿が見られます。

 

見た感想 あんまりハラハラしないし怖くなかったです

 

そこまでストーリーが盛り上がらなかったところが大きい。

予告の時点で子どもの犠牲者は5人だけというのが分かっていたし、もっと早めに1人目をやって、34人目の間隔をあけてほしかった。展開が遅いんだが 早いんだか微妙

あと直接 子供をむさぼるシーンがあればなぁ。肉片を口に咥えるだけでも良いんだけど。映像的に中途半端で、せめて悲鳴とか、他の要素で恐怖を掻き立てて欲しかった。

 

この映画R-15だから残念ですよね。ピエロの標的が子どもだから、本当はこの映画 子どもが見て怖がるのが正解と思った。心臓?が飛び出したりするシーンはグロいけれど。

三池崇監督の『悪の教典』がR-15で高校生が虐殺されるわけだし、『クラウン』は子どもが見られないなら、もっと残虐にして良いよ。道徳的にはアウトなんだろうけど、そう思ってる人は こういう映画自体を見ないだろうし。 

 

ラスト 完全体お父さんを前に お母さんがまだ救おうとしているところで、ピエロを見ている息子の「これはパパじゃない」の一言で お母さんが殺す決意をするシーンは かなり良かったです。

 

ジョン・ワッツ監督は『スパイダーマン ホームカミング』でも監督を務めるそうで、本作の最終形態お父さんを見て、ちょっと楽しみになってます。

DVD版です

クラウン [DVD]
アンディ・パワーズ
バップ
2015-07-03

 

(感想)スマグラー おまえの未来を運べ-要は運び屋“スマグラー”

スマグラー おまえの未来を運べ

 
スマグラー

 

監督 石井 克人

出演 妻夫木

   安藤 政信

   永瀬 正敏

公開年 2011

制作国 日本

 

役者を夢見ていた主人公は借金の形に、危険な運び屋(スマグラー)のグループに入れられる。舞い込んできた依頼は殺し屋<背骨>を生きたまま運ぶこと。しかし運んでいる途中に<背骨>が逃げてしまう……

 

個人評価 ★★☆☆☆ (2/5)

 

スマグラーって、シャレた言い方だけど まんま密輸()なんですよね
運び屋で良くね?

 

ネタバレあり原作漫画は未読です

 

以前見た石井克人監督の『鮫肌男と桃尻女』は わりと好きだったんですが、
今回は作品のノリに付いて行けなかった印象です。

 

何と言うか、芝居臭いのが目立って、終始ギャグがスベっていました

↑の中でもっとも駄目だったのが高嶋政宏の演じていた悪役狂人で、変にオーバー過ぎて、逆に怖くないという結果に……

拷問シーンも良いはずなのに、高嶋政宏が邪魔で邪魔で仕方がない。軍服にオムツ姿は狙ったギャグにしか見えない。

 

真面目に見るのも、馬鹿馬鹿しくて、闇金会社の松雪泰子ゴスロリで登場したとき、自分の中でかなり気持ちが削がれた。リアリティが壊滅状態に……

松雪泰子の顔は綺麗だし、オバサンがコスプレするのは個人的にすごいフェチなんだけれど、「背骨(殺し屋)の居場所が分かったわよ」と一役買ったときに見せた微笑みが、演出的にクサすぎて、すごく嫌でした。

 

あとスローモーション使い過ぎ。一々やり過ぎで面倒になっていく演出。

 

途中で、松田優作版『野獣死すべし』の映像が何故流れるのかも分からなかった。

終盤、主人公が覚醒したシーンで、松田優作さながら「リップヴァンウィンクルって知ってます?」と言うとか、ロシアン・ルーレットに持っていくとか、狂った演技するのかと思いきや、特に関係もなく拍子抜けする展開。
というか、覚醒後は あっさり映画が終わるので、ちょっと物足りない。
一瞬の超演技だと思えば、腑には落ちるんだけど。 

 

ただ永瀬正敏安藤政信 この映画で好きになった。存在感が段違いであったし、若干スベってる雰囲気の作風でも ちゃんと格好良いと思える演技でした。新しく注目する俳優が見つかるのは『鮫肌男と桃尻女』と同じですね。

 

安藤政信は そこまで筋肉がある訳でもなかったのですが、上半身半裸が写された時は格好良かった。まぁ最後のバイオハザードのリッカーみたいな動きは、別の映画見てるようでポカーンとしました。
↓天上張り付きリッカー
リッカー
 

冷めるところあり、熱いところもあり そんな映画でした。

DVD版です


 

真鍋昌平先生の原作漫画です



(感想) ジヌよさらば~かむろば村へ~ -ヒロインを食う たか子とはいり

ジヌよさらば~かむろば村へ~

ジヌよさらば


監督 松尾 スズキ
出演 松田 龍平
      阿部 サダヲ
公開年 2015年
制作国 日本

銀行員として働いていた主人公は あるきっかけで"お金恐怖症 "になってしまう。
主人公はお金を使わないために、田舎の村で自給自足生活をしようとするが…… 
癖のある村人との出会いや村長選挙に巻き込まれ、主人公はどうなってしまうのか!!

個人評価 ★★★☆☆ (3/5)

普通におもしろいけど、全部どこかで見たことあるような……

ジヌ= らしいです。今回はあまりネタバレはないかも。

役者は ほとんどが上手いと思いました。ただ、みんな別の映画でみたことあるような役で、目新しさは全くなかった感じです。 

松田龍平のヘロヘロ演技←嫌いじゃないけど 新鮮でもない

阿部サダヲの真剣な演技←同上

ヒロイン二階堂ふみ← 尻枕エロい。ただ園子温監督作品でもっと攻めてるのあるし……
          『脳男』とか『私の男』と比べたら 魅力的で良かったけど 

松たか子←二階堂ふみ より断然 醸し出される色気。完全にヒロインを食ってる

ジヌよさらば2

     

片桐はいり←顔芸だけでもヒロインを食ってる。顔がうるさいは もはや伝統芸能。 

松尾スズキ←監督兼悪役。やることが生温い。

ファンタジー要素があるとは聞いてなかったし、見た後も必要かどうかは 正直微妙

しかし特に突出したものはありませんが、一つの映画として まとまっているので面白いのは確かです。

ブルーレイ版です


原作コミックです

 

鮫肌男と桃尻女 (感想)-ドナドナドーナドーナー(美声)

鮫肌男と桃尻女

鮫肌男
 

 

監督 石井 克人

出演 浅野 忠信

   小日向 しえ

公開年 1999

制作国 日本

 

桃尻トシコ(小日向しえ)は叔父との暮らしに嫌気をさして、家(ホテル)を飛び出す。

トシコの逃亡中、金を持って組織から逃げ出してきた鮫肌黒男(浅野忠信)が現れ、二人は一緒に逃亡することに……

 

個人評価 ★★★☆☆ (3/5)

 

ドナドナドーナードーナー 桃尻のーせーてー

 

俳優のビジュアルと音楽が良かった。


ネタバレありです。 

物語の始め、銀行強盗シーンからのOP すごくカッコイイ。

ただ見終わって しばらくすると ここが一番の盛り上がりだったとも思う

 

キャラ格好よさには脱帽。特に岸部一徳我修院達也が人生で初めてカッコイイと思った。

我修院達也の美声ドナドナ歌唱シーンは見どころの一つ。
殺戮シーンは
へぼいけどカッコイイ。

岸部一徳は かなりスタイルが良かったことを認識。あとメンバーの中で、投げナイフ使いで何かヤンチャな感じもカッコイイ。あの顔で銃じゃなくてナイフというギャップ。

鮫肌男2
鮫肌男3
 

 

とにかくキャラが立った人達が面白い。

死ぬのが惜しいキャラがいるけれど、人が死んで当たり前みたいな雰囲気があるので、その辺りが見所だった。最後はバッタバッタと死んでいくしね。

OPでは輝いていても本編では パッとしないのもいて、そこは残念。漫画原作なので そっちでは深く掘り下げられているのかなー

 

他の不満点はオープニング以上の盛り上がりがなかったところと ヒロインはイメチェン前の眼鏡でパッとしない感じの方が美人に見えたところかな。

 

あとはケツ(桃尻)が拝めなかったことか……


DVD版です。

鮫肌男と桃尻女 [DVD]
浅野忠信
東北新社
2000-03-31


良ケツ映画(女とは言ってない)
シコふんじゃった。 [DVD]
本木雅弘
KADOKAWA / 角川書店
2014-09-12

 

ギャラリー
  • (感想)俳優 亀岡拓次-恋愛パートをそっちのけでレビューした結果
  • (感想)俳優 亀岡拓次-恋愛パートをそっちのけでレビューした結果
  • (感想)俳優 亀岡拓次-恋愛パートをそっちのけでレビューした結果
  • (感想)俳優 亀岡拓次-恋愛パートをそっちのけでレビューした結果
  • (感想)俳優 亀岡拓次-恋愛パートをそっちのけでレビューした結果
  • (感想)俳優 亀岡拓次-恋愛パートをそっちのけでレビューした結果
  • (感想)俳優 亀岡拓次-恋愛パートをそっちのけでレビューした結果
  • (感想)俳優 亀岡拓次-恋愛パートをそっちのけでレビューした結果
  • (感想)俳優 亀岡拓次-恋愛パートをそっちのけでレビューした結果