『スーサイド・スクワッド』


スーサイド・スクワッド

  • 監督 デヴィッド・エアー
  • 出演 ウィル・スミス
  •     マーゴット・ロビー
  •     ジャレッド・レト
  • 公開年 2016
  • 制作国 アメリカ


『バットマン vs スーパーマン』でスーパーマンが死んだ。政府は新たなる脅威に備え、刑務所に服役中の悪役(ヴィラン)で構成した特殊部隊<スーサイド・スクワッド>を結成させる。そしてアメリカでは魔女<エンチャントレス>が暴れ始め、捨て駒のスーサイド・スクワッドが解き放たれる……

 

ネタバレありです

 

個人的な評価 ★★☆☆☆ (2/5)

誰がヒーローだったのか…… 

 

とにかく評判が悪いもので見る機会を延ばしていた本作、これだけは面白いと言われる予告編を何度も見ているうちに、やっぱり本編も見たくなっちゃたので、期待値をかなり下げて視聴しました。まぁそれでも予告編の方が面白かったです。

 

全体的にテンポが悪いウィル・スミス前に出過ぎジャレッド・レト出番なさ過ぎ思っていたよりヒャッハーしていない、というのが残念な所。何か撮影の段階でゴタゴタがあったらしいですが、一人のキャラに割くバランスがおかしいように思えましたね。

妄想だけどウィル・スミスが俺が出るなら、こんくらい目立って、善人にしか見えなきゃ嫌だって文句付けたんじゃないかって、勘繰ってしまうレベル(そんなソースはありませんが)。正直そんなキャラ設定は他の映画でお腹いっぱい。

ささのさ的には元々デヴィッド・エアー監督作品はちょっと苦手で、『フューリー』でも積み重ねた展開が最後にB級映画のようなドンパチになるのが好きじゃなくて、『エンド・オブ・ウォッチ』でも最後のドンパチがやっぱり苦手だったりする。良く言えば映画の盛り上がり所だけど、それまでの作風からガラッと印象が変わるので そんなに好きじゃない。

ただこの映画では、それが良い方向に動いて、どこかで囚人達のタガが外れて派手にヒャッハーな感じで暴れまわってくれるんじゃないかと期待していたんですが、結局はみんな良い子ちゃんチームで終わったので残念。
何よりモブ兵士達が可哀そうで キャラ付けもされず、捨て駒の部隊に据えられてもなお、
任務を遂行するために奮闘して 死んでいく彼らの本当の捨て駒っぷりよ。

 

総評マーゴット・ロビー可愛い。どこでも見る まとめ方ですが確かな求心力です。
散った名もなきモブ兵士達に敬礼!!

ブルーレイ版です。

スーサイド・スクワッド ブルーレイ&amp;DVDセット(初回仕様/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]
ウィル・スミス
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2016-12-21


マーゴット・ロビーのエッチでもない入浴シーンが見られる映画(レビューはこちら