『セトウツミ』


セトウツミ
 

  • 監督 大森 立嗣
  • 出演 池松 壮亮
  •     菅田 将暉
  • 公開年 2016
  • 制作国 日本

 

クールでインテリ系の内海(池松 壮亮)とヤンチャ系の瀬戸(菅田 将暉)の二人の男子高校生。高校生活という青春の真っただ中の二人は、放課後 河原で駄弁って過ごしていた……

 

ネタバレありです

 

個人的な評価 ★★★☆☆ (3/5)

リアルな会話じゃなくて漫才なのね

 

公開当時はイケメン二人に会話させて、女の子にキャーキャー言わせる映画だと思って無視していたのですが、知り合いが面白いと薦めてくるので見てみました。

感想としては、わりと面白かったです。そこそこ笑えたので そこそこ良かった。

 

映画は男子高校生特有のリアルでグダグダな会話劇と思いきや、かなりの漫才調。大阪で生まれ育ったささのさ的には 2016年にしてはコテコテすぎる関西弁と例えツッコミばっかりする池松壮亮実際にこんな奴いるかなー と思ってしまい、少しテンションが下がる。
そりゃフィクションの中の関西圏は こんなイメージなんだろうけど。 

会話のネタ自体は共感できる面があるけど、会話の調子が邪魔しているというか。
セリフの間が悪いという訳でもないけど、原作漫画だと自分の間でセリフを消化できる一方、映画だと調子が強制されている分、台本ありきの漫才を見せられている気が強くなっている気がしたなー。

1時間15分ずっと会話の割りには、飽きずに見られた分もあるし、笑えなかった訳でもないので、悪くもなかった。映画よりドラマ向きだとは思ったけど。

ただヒロインにゲイかと疑われるシーン。あそこは要らなかったんじゃないかなー。露骨すぎるというか、狙いすぎているというか。
まぁ『まほろ駅前多田便利軒』の監督だから、狙っているのだろうけど。
原作だとどうなんだろうね

狙ったターゲットにはドストライクな一本。おすすめです。

アマゾンビデオ版です

セトウツミ
池松壮亮
2016-12-02


大森監督の過去作品。セトウツミの二人の関係性が好きならオススメかも。