『神様メール』

 
1
 

  • 監督 ジャコ・バン・ドルマル
  • 主演 ピリ・グロワーヌ
  •     ブノワ・ポールブールド
  • 公開年 2015
  • 制作国 ベルギー・フランス・ルクセンブルク

 

ベルギーのブリュッセルには意地悪な神様が住んでいる。人間の苦しむ様を楽しむ神は父親だった。神の娘エアは世界の設定を変えられるパソコンをいじり、人類に寿命を知らせるメールを送ってしまい……。それからエアは初めて街に降り立ち、使徒を探し始める。

 

ネタバレありです。

 

個人評価 ★★★☆☆(3/5)

 

悪趣味全開ナンセンスブラックコメディー

 

中々おもしろかったです。ささのさは宗教学に明るくないので、詳しい人ならもっと楽しめるかもしれません。

 

映画が始まった直後は、なんか人類が誕生したのがいきなり現代のブリュッセルで、人類5分前仮説みたいなものかと思ったら、現代の土地がもう存在してるのに古代的な戦争を起こしてるし、なんやこの無茶苦茶な映画? と思ってガッカリした。しかし この先 もっと悪趣味で滅茶苦茶な展開が広がっていくので ここはスルーが吉。意味無し意味無し。段々 おもしろくなって行きます。

 

物語はヒロインが余命が判明した使徒候補に会いに行って、使徒各人のショートストーリー(回想とか)が連続して行く感じ。そこに要所要所にブラックなギャグが挟まれていく。

 

この映画で特に面白かったのは、ゴリラだった。とにかくこの映画のゴリラは着ぐるみ感があり過ぎる。いかにも人が入ってるであろうゴリラだった。

使徒大集合の場面でもシレッと画面にゴリラが混ざっていたり、ナチュラルにマダムを優しく抱きながらゴリラが寝ていたり、1人の女を惜しみなく奪ったり、色々とおかしいゴリラだった。
ユーチューブでゴリラ役のインタビューを受けてる動画もございました(気になるならチェック)。 

 

エンドロール前の使徒たちのシーン(ゴリラと子供を作る女・男が妊娠・空がアートチック)が、ハッピーエンドみたいな扱いだったけど、今までがブラック色が強すぎたせいで、悪趣味で満ちた世界にしか見えない(狙っていたのだろうけど)
まぁ予告詐欺である。この映画を見てハッピーになったら、その人はきっと幸せな人生を送ってるに違いない!!

 

どこまで この捻くれ者だと思う監督の悪趣味な映像に面白味を感じるかが、この映画の良さを分けるのかなぁ?

 

ヒロインと女装男子のキスシーンはとても良かったです。久しぶりにキスシーンで男に羨ましさを感たレベルでした。

アマゾンビデオ版です

神様メール(字幕版)
ピリ・グロワーヌ
2016-10-19


少年少女のダンスとキスで思い出した映画(これも羨まチュー映画)。