ささのさ散々

自分がお嬢様JDなのかお嬢様DJなのか分からなくなってきた 妄想にとらわれる美しき女人の映画乱視ブログ!!

(感想)バトルフィールド-1066年シャドウ・ウォーカーが征く

『バトルフィールド』


バトルフィールド

  • 監督 ジム・ウィードン
  • 出演 スタンレー・ヴェベール
  • 制作年 2014
  • 制作国 イギリス

 

1066年イングランド北部。ノルマン人によりサクソンの人々は迫害されていた。そこに現れるは謎の男シャドウ・ウォーカー(スタンレー・ヴェベール)。復讐のためにノルマン兵と戦う彼に、村の人々が集まり大規模戦が始まろうとしていた。圧倒的数の前にどう戦うのか。シャドウ・ウォーカーの正体とは……

 

ネタバレありです

 

個人的な評価 ★★☆☆☆ (2/5)

なんかモッサリ

 

歴史的背景を持ったアクション映画。

重厚なヨーロッパの歴史を前に知恵熱が発生すると思いきや、
この映画
極端なほど頭を使わない。これが歴史ものかってほど重みがないよ

 

前知識が必要とは思わなかったです。↑のあらすじみたいな迫害が行われていたんだなぁ、くらいが何となく提示されます。重みがないところの一つは、その迫害の描写がかなり薄く表面的過ぎたので、あまり感情移入できなかったこと。主人公も映画が始まってすぐに無双し始めるので、迫害されている側がそこまで可哀そうとも思いませんでした。

 

この映画自体、フィクションにありがちな美人ながら男勝りで統率力のある女兵とか
シャドウ・ウォーカーなんてゲームみたいな主人公名とか
ふざけている要素を多く孕んでいるので、歴史背景を真面目に捉えないが吉です。

 

肝心のアクションシーン 結構多いです(これは嬉しい)。ただ全体的にモッサリした感じでした。意味のないスローモーションが一々はさまれる、敵は優しいので一人一人やられるのを待ってくれる主人公が強すぎる。何とも抑揚のない感じでした。あからさまにフィクションな作品なのだから、もっと大味でも良かったのに。
 

画の雰囲気とか汚れた服とかは頑張っていましたが、燃え足りない一本でした。

DVD版です

バトルフィールド [DVD]
スタンリー・ウィーバー
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2016-04-06


燃えたりない人におすすめ
300 〈スリーハンドレッド〉 ~帝国の進撃~ [DVD]
サリバン・ステイプルトン
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント




 

(感想)ゾンビランド-気を付ける これが最強

『ゾンビランド』

 
ゾンビランド

  • 監督 ルーベン・フライシャー
  • 出演 ジェシー・アイゼンバーグ
  •     ウディ・ハレルソン
  •     エマ・ストーン
  •     アビゲイル・ブレスリン
  • 公開年 2009(アメリカ)
  • 制作国 アメリカ

 人々がゾンビに感染し、アメリカ合衆国(ランド)はもはやゾンビランドとなっていた。神経過敏の大学生コロンバス(ジェシー・アイゼンバーグ)は、自身で決めた掟(ルール)でゾンビランドを生き抜いていた。彼は両親の住むオハイオ州コロンバスに向かっていた。その道中ゾンビランドを力で生き抜いてきたタラハシー(ウディ・ハレルソン)や嘘の力で生き抜いてきた詐欺師姉妹(エマ・ストーンとアビゲイル・ブレスリン)と出会い、運命を変える……

 

ネタバレありです

 

個人的な評価 ★★★☆☆ (3/5)

平和過ぎだなー

 

割とよくある、コメディー系ゾンビ映画の一本です。見た感想としては 中々面白かったのですが、ゾンビ映画としては正直微妙なところ。

 

個人的にはジェシー・アイゼンバーグとウディ・ハレルソンのコンビ感が見ていて楽しかったです。ウディ・ハレルソンが少し横暴気味でしたが、ジェシー・アイゼンバーグも屁理屈が過ぎる奴だったので、良い感じの凸凹コンビだと思いました。ヒロインとの絡みは特に刺激がない分、このコンビが好きでした。

そんなヒロインですが、自分の中でエマ・ストーンは目がデカいせいか、どの映画を見ても印象に残りやすい女優だと思ってます。ゾンビランドでも記憶に残るネコ顔だなー と映るたびに思ってた。

 

そんな俳優とキャラを見ていて小気味良かったんですが、ゾンビ映画としては物足りない。自分が見た中ではコメディー系ゾンビでもかなり平和な映画だった。
正直ゾンビシーンはオープニングが一番盛り上がって、その後は右肩下がりでモヤモヤする。主要キャラも誰一人
死んでないし 平和か!!
遊園地の中でウディ・ハレルソンが小屋の中で大量のゾンビを迎え撃つシーン。限られた残弾で大量のゾンビなのに別のシーン挟んだら、簡単に殲滅させているし、コメディー要素強めでも そこは撮って欲しかったかなー。この痒いところに手が届かないモドカシサよ。

 

ただ主人公が英雄になろうと決意して、女の子を助けるシーンでやったことがピエロ一体倒して、機械のレバー引いただけなのは結構好きでした。

 

ビル・マーレイも面白かったし、嫌いな映画ではなかったですね。

アマゾンビデオ版です

ゾンビランド (字幕版)
ウディ・ハレルソン
2013-11-26



コメディー系ゾンビでオススメ(痒いところに手が届いてる)
ショーン・オブ・ザ・デッド [Blu-ray]
サイモン・ペッグ
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
2015-06-24


(感想)ストリート・オブ・ファイヤー-昔々ギャングたちが……

『ストリート・オブ・ファイヤー』

ストリート・オブ・ファイヤー

  • 監督 ウォルター・ヒル
  • 出演 マイケル・パレ
  •      ダイアン・レイン
  •      エイミー・マディガン
  •      ウィレム・デフォー
  • 公開年 1984
  • 制作国 アメリカ

 

人気シンガーであるエレン(ダイアン・レイン)がストリートギャング<ボンバーズ>に攫われてしまった。エレンの元恋人だったトム(マイケル・パレ)はエレンのマネージャーから報酬をもらう約束で彼女を助けに行くことになる。元軍人の女 マッコイ(エイミー・マディガン)を引き連れレイヴェン(ウィレム・デフォー)に立ち向かう。

 

ネタバレありです

注意!! ささのさは公開当時 まだ生まれていないので、ありもしない郷愁にひたってます。

 

個人的な評価 ★★★★☆ (4/5)

懐かしい!! 経験してないけど !!

 

何と言うか、一昔前の映画だなぁ と思いつつ 中々おもしろかったです。

 

冒頭に出てくる<ロックンロールの寓話>というコピーも好き。

寓話って響き自体に懐かしい雰囲気がある。1984年の公開当時は見ている側も あのワチャワチャした雰囲気がお約束のノリみたいなイメージを持ってるからかもしれないけれど、2017年に見ると、その雰囲気すら寓話の遠い昔感を覚える。当時この映画を見た人は、今になって新しい見方とかするんだろうなぁ。
ロックンロールも良かった。全体的にノリノリな感じで、雰囲気にもマッチしていた。 

主人公については筋肉主義で他人(男)に対して横暴な所に、少しイラっとさせられるけれど、それすらも懐かしい。当時はあれが格好良かったのだろうね。

 

アクションに関しては 人が死なないアクション映画と銘打ってるところもあるので、人によっては物足りないかも。個人的には人がドタバタしている感じが楽しめたので特に気にならず終わった。

というか、クサいセリフとか敵が吹っ飛んで倒れるところとか、非常に舞台っぽい。
USJでやっている劇のような、映画の中の人がその役を演じているみたいな。そんなのだから死ななくても不満とまでは行かなかったかな。

 

個人的な注目したポイントは悪役のウィレム・デフォー

この若いデフォーのツルツルした肌よ。すごく初々しい。それでいてこの時から悪役がハマってる。

ウィレム・デフォー 

今の渋い顔立ちと最近でも活躍が続いてることを考えると、感慨深いものがありますね。

ウィレム・デフォー2
 

ウィレム・デフォーを若手時代から見守っていたみたいに書いていますが、今回、全体的にありもしない郷愁にひたってしまった。どういう訳かそんな気分にさせてもらった映画でした。

そしてラストの主人公の美学を描いているシーンは手垢ベッタベタですが、やっぱ格好良かったです。

アマゾンビデオ版です


 

(感想)9~9番目の奇妙な人形~-終末ですって布人形

9 ~9番目の奇妙な人形~

 
9 9番目の奇妙な人形 

  • 監督 シェーン・アッカー
  • 出演 イライジャ・ウッド
  • 公開年 2009
  • 制作国 アメリカ

 

すでに人類が滅亡した世界で一体の人形が目を覚ます。人形の背中には9(ナイン)の数字。そして彼の前に現れる他の数字を背中に持つ仲間たち。自分たちはいったい何なのだろうか、人形たちは迫り来るビーストから逃げ、不用意に作動させてしまったマシンを止めることはできるのか!!

 

ネタバレありです

 

個人的な評価 ★★☆☆☆

意外と大味

 

この映画、制作にティム・バートンがクレジットされている。
そんなことだから見る前は
もっと暗くて重厚なダークファンタジーかと思っていたら、見て驚きTHEハリウッド映画みたいな派手かつ大味な作品でした。

 

映画の始め辺りは、人形の少しの挙動が (皮膚)たゆみに出るので 造りが丁寧な映画かと思っていたら、巨大マシンの動きはすごく雑な感じ。とりあえず暴れさせられるなら良い みたいな挙動。特に物語後半は人形自体の動きもダイナミックになって、人形の機微とか そもそもの奇妙さも感じられなくなったかなー。魂の由来が人間だから人間みたいな普通な動きが当然 ではなくて、人工的なもので動いている感じは最後まで残して欲しかった

 

脚本については とがった所がないので、これといった感想がない。終末ベースに謎の生命体と敵ロボットをブチ込んで鍋にしました  みたいな脚本。

 

キャラクターに関しては薄味。あまり各キャラにスポットが当たらないので マシンに取り込まれて退場しても 特に悲しくならなかった

主人公も正義感だけで突っ走る系なので、好き嫌いは分かれそう。個人的には正直 ちょっと鬱陶しいと思った。

 

終わり方も中々の投げっ放し。でも 物語のその後に左程興味がないので気にならない。

良く言えば 誰でも見やすい映画、悪く言えば 軽い感じの映画でした。

アマゾンビデオ版です

 

ギャラリー
  • (感想)俳優 亀岡拓次-恋愛パートをそっちのけでレビューした結果
  • (感想)俳優 亀岡拓次-恋愛パートをそっちのけでレビューした結果
  • (感想)俳優 亀岡拓次-恋愛パートをそっちのけでレビューした結果
  • (感想)俳優 亀岡拓次-恋愛パートをそっちのけでレビューした結果
  • (感想)俳優 亀岡拓次-恋愛パートをそっちのけでレビューした結果
  • (感想)俳優 亀岡拓次-恋愛パートをそっちのけでレビューした結果
  • (感想)俳優 亀岡拓次-恋愛パートをそっちのけでレビューした結果
  • (感想)俳優 亀岡拓次-恋愛パートをそっちのけでレビューした結果
  • (感想)俳優 亀岡拓次-恋愛パートをそっちのけでレビューした結果