ささのさ散々

自分がお嬢様JDなのかお嬢様DJなのか分からなくなってきた 妄想にとらわれる美しき女人の映画乱視ブログ!!

マルタのやさしい刺繍 感想

マルタのやさしい刺繍

マルタのやさしい刺繍
 

 

監督 ベティナ・オベルリ

出演 シュテファニー・グラーザー

公開年 2006

制作国 スイス

 

夫に先立たれ、生きる気力を失くしていたマルタは若いころに夢見ていた 自分で刺繍したランジェリーショップを開くことを決意。しかし保守的な村では反対の声があがってしまう……。果たしてマルタの夢は叶うのか。

 

個人評価 ★☆☆☆☆ (1/5)

 

やさしい?刺繍と雑な展開

 

ネタバレありです。

うーん微妙な映画でした。“年をとっても夢を諦めない”というのは良いと思うけど。色々と雑だし ありきたりだし、面白くはなかった。

 

主役のおばあちゃん が刺繍したランジェリーを大事にしていた。この設定はロマンチックで好き。

 

気になるのは“悪い奴”は“ 駄目な奴”としか描かれていないところ。

主人公の息子であり牧師ある男は、隠れて不倫している。

村のリーダーは虚栄心に憑かれているだけの男。

対して主人公側は聖人としか描かれていないような……(悪知恵も経験の差みたいな)

 

新しいことは聖で伝統は悪みたいな描かれ方だなー、と 確かに保守的すぎるのも駄目だけど、彼らを悪に貶めるのも好きじゃない。

というかだな、老人会か何かの刺繍グループに、自分だけじゃ仕事が追いつかないから、ランジェリーの刺繍を依頼したとき、一人のおばさんが「お断りするわ」と抜けて、後の人はみんな協力したけれども。

このおばさんも刺繍が好きだろうし、ランジェリーを縫う恥ずかしさがあって グループを抜けたかもしれないだろう。何が「新しいことをやらなくっちゃな」だよ。あの抜けたおばあさんは何も悪くないし、むしろかわいそうだろう主人公たちのせいでひとりぼっちになっちゃったよ 主人公のお願いを受けて当然か主人公は神かなんかなのか

 

成功のためのステップも、あっさり車の免許取得しているし、いきなりネット通販やってすぐに成功している。刺繍グループも簡単に引き込んでいる(給料など現実的な話はなし)

その辺がファンタジーだし、おばあさんたちが頑張っている感がないよ。

何やっても上手いこと行くんだもの神様なのか

 

ラストシーン。スピーチを無理矢理奪って、主人公が喝采を浴びる。パンティーの旗が掲げられ、村の若い女がセクシーなランジェリーを見せびらかして、下賤な男たちの歓声が上がる

これがお前の見たかった光景か……

 

夢を叶えておめでとう、という感じではあるが、

私が見たかった光景ではないなぁ

在庫は少ないみたいです。

マルタのやさしい刺繍 [DVD]
シュテファニー・グラーザー
CCRE
2009-04-03




マダム・フローレンス! 夢見るふたり (2016)感想

マダム・フローレンス! 夢見るふたり

 マダム・フローレンス

 

監督 スティーヴン・フリアーズ

出演 メリル・ストリープ

   ヒュー・グラント

   サイモン・ヘルバーグ

公開年 2016

制作国 イギリス

 

1944年ニューヨーク。音痴のソプラノ歌手であるフローレンスと夫のシンクレア。シンクレアは妻の歌唱力をあるように見せて、彼女に夢を見続けさせるように努めていた。そんな中フローレンスは音楽の殿堂カーネギーホールでコンサートを開きたいと言い出して……。

 

個人評価 ★★★★☆ (4/5)

ただし個人的な思い入れをのぞくと★★★☆☆ (3/5)くらい

 

こいつは俺だ(フローレンス)。俺もこの通りだったんだ(メリル・ストリープ)

 

ネタバレありです

始め、メリル・ストリープの滑稽さを見る映画なのかなーと思っていました。

感情移入の先はヒュー・グラントが中心に行っていて、こんな風に一人の女性に夢だけを見せられたら それは偉業だよなとか、不倫をしていることには 悪いことしているから優しくなれるんだよなーとか、『アバウト・ア・ボーイ』のハンサムさから老けたけれども 特に変わってないなとか、注目していました。
アバウト・ア・ボーイ
 

 

メリル・ストリープが初めて歌声を披露したときは、本当に笑いをこらえる状況になっていて、彼女のことは突き放して嘲笑って見ていました。サイモン・ヘルバーグがエレベーターの中で 笑い声が漏れるところは 一緒になって馬鹿にしていたよ。

 

あと浴槽一杯のポテトサラダが印象的。浴槽でゼリー作るより衝撃的。

正直ストーリーは散漫としていて面白いような、面白くないような、どっちつかずな感じ。 

 

ただ最後のシーン。世間の声を知ったとき、ありもしなかった成功を心に思い描きながらも、やった事実は消せないと笑うメリル・ストリープを見て、初めて彼女と自分を重ねてしまった。

 

いじめられてから、大学行って、喋るのも苦手なのにプレゼンで頑張って、積極的に前に出て、内心ではリア充たちは自分を嘲笑っているのだろうな、と思う。もっと上手くいっていたらと妄想する自分。でもやった事実は消せないし、明日もやることはあるんだよなー、と日々 駄目な自分と折り合いをつける。

 

ラストまでは全くメリル・ストリープに自分を重ねていなかったので、不意打ちでパンチを食らった感じでした。

 

人にオススメはしないけど、個人的良作みたいな感じでした。

未視聴だけど気になる映画。

 

マルサの女 (1987) 感想

マルサの女


マルサの女
 
 

監督 伊丹 十三

出演 宮本 信子

   山崎

   津川 雅彦

公開年 1987

制作国 日本

 

港町税務署の調査員である板倉亮子(宮本信子)は所得隠しを暴く仕事をしていた。

そんな中、ある権藤(山崎努)が経営するラブホテルを調査してみるが、脱税を暴くことはできずに終わってしまう。

その内に亮子は東京国税局査察部査察官<マルサ>に栄転することになり、再び権藤を調査するチャンスが与えられる。そこには様々な団体が絡み合った大型脱税の影が……

 

個人評価 ★★★★☆ (4/5)

 

良くは分からないけど 面白いのは確か

 

私的には、『マルサの女』が初めて見る、伊丹十三監督作品となります。 

 

国税局と言う、ほとんど知らない業界の映画で そこを見るのが楽しかったです。

査察官の徹底の調査と、隠そうとする側の努力が両方見れて本当におもしろい。

 

開幕におっぱいが映るなど、結構エロいシーンもあった。

何と言うか、昔の映画の方はおっぱいが 今よりエッチに見えるのは何故なんだろうね。

それにしても この時代のラブホテルは内装に夢があるなー。どこも凝ってるイメージがある。掃除が大変そうだけど(バイト感)

 

吹いたのは伊集院役の大地康雄に対して 主人公「何しろマルサのジャック・ニコルソンですから」と言った場面。あの後の強制調査で、ドアに安全靴を突っ込む場面では、確かにどことなく ジャック・ニコルソンっぽいと納得した。

映画は、本当に<金>の存在が物語の中で大きくあって、人間が小さく見えた。
お金を通して、人を見る感じ。見ていて非常に楽しい。
それでも存在感とキャラの魅力がある出演者が凄かった。

耳に残るテーマソングも良かったです。

ブルーレイ版です。

マルサの女<Blu-ray>
宮本信子
東宝
2011-11-25





 

ドローン 無人爆撃機 (2013) 感想

ドローン 無人爆撃機

no title
 

 

監督 リック・ローゼンタール

出演 エロイーズ・マンフォード

マット・オリアリー

公開年 2013

制作国 アメリカ

 

ローソン中尉はドローンを駆使する部隊に入隊した。

そこでは、安全かつ簡単に敵を殺せてしまう場所だった。

要人を殺害するミッションを受けた、ローソン中尉とボウルズ一等兵。

標的が出現するも、そこには標的の家族がいて、中尉は殺せなくなってしまう……

 

個人評価 ★★★☆☆ (3/5)

 

嫌な映画でしたね (良い意味で)

あとジャケットは本編と関係ないよ!! 

 

TSUTAYAで目立つように並べられていたので、思い切って 借りてみました。
思っていたよりは、おもしろかったです。内容が1時間20分と短いのも丁度良い感じだった。

まぁ、深い映画ではないので、今から書く感想も全く深くないよ。

ネタバレはあるよ。 

 

開幕 ローソン中尉のボクシング特訓シーン。いきなり 意味が分からない。
思わずこの映画
大丈夫かと疑った。直後のシャワーシーンも色っぽさなし。
 

基地内に入ってからは、終わるまで ほぼ 同じ場所のシーンが続くことになる。

 

あとは、ひたすらにローソン中尉による。民間人は巻き込めないから、攻撃できなーいという非常にイライラする展開。

道徳的には攻撃しないべき なんだろうけどなぁ。

この女キャラに腹が立って、腹が立って。そういうジャンルの映画なんだろうけどね。

 

部下のボウルズ一等兵君が、無理矢理 作戦を実行しようとしたときに、
ローソン中尉の妨害ボディーブローが火を噴くぜ
 

……このためのボクシングだったのか

 

腹立たしさ倍増。イライラの炎を焚くため、薪をたくさん くべてくれる良い映画。 

 

そして終盤。ローソン中尉のお父さん<将軍>が登場。

標的の仲間が9.11の加害者だと言って、即座に攻撃するように促す。

 

ここで急にローソン中尉が殺人マシーンに変貌

 

やっとか……、と思ったら、今度はボウルズ一等兵君が作戦に疑問を持ち始める。

まあ、どう考えても将軍の話しは嘘に感じたけど……

お前ら 心変わりが急過ぎだわ。二人が始めと正反対の思想に 逆転する構図を見せたかったのだろうか。それにしては、無理のある心変わりだ。

 

終わり方は 急な打ち切り感もあったけど、あのまま続けていても おもしろくなりそうにないし、きっぱり終わらせてしまって良かったように思う。

女主人公にはイライラさせられたが、1時間20分なら なんとか耐えられたみたいだ。
後は、ボウルズ一等兵が反撃してくれると信じていたから、ハラハラ感があった。
『REC』の女主人公に対して、ゾンビ早くやっちゃって と思っていたのと同じだ。 

 

爆撃シーンはとんでもなく しょぼいし、威力に疑問も感じられるから期待しないこと

期待値0なら、割と楽しめました。

DVD版です。

ドローン 無人爆撃機 [DVD]
マット・オリアリー
アメイジングD.C.
2015-04-03

 
正しくはゾンビではなく、悪魔でしたっけ。
REC/レック [Blu-ray]
マニュエラ・ヴェラスコ
Happinet(SB)(D)
2012-04-27

 

ギャラリー
  • (感想)俳優 亀岡拓次-恋愛パートをそっちのけでレビューした結果
  • (感想)俳優 亀岡拓次-恋愛パートをそっちのけでレビューした結果
  • (感想)俳優 亀岡拓次-恋愛パートをそっちのけでレビューした結果
  • (感想)俳優 亀岡拓次-恋愛パートをそっちのけでレビューした結果
  • (感想)俳優 亀岡拓次-恋愛パートをそっちのけでレビューした結果
  • (感想)俳優 亀岡拓次-恋愛パートをそっちのけでレビューした結果
  • (感想)俳優 亀岡拓次-恋愛パートをそっちのけでレビューした結果
  • (感想)俳優 亀岡拓次-恋愛パートをそっちのけでレビューした結果
  • (感想)俳優 亀岡拓次-恋愛パートをそっちのけでレビューした結果